Go!go!go♪

立ち止まらずに毎日、毎時、突き進もう! 日々の事を備忘録として記録します。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐郷---その1


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
チャートを眺めていても、ココっ!という気持ちになれないので違う話題を…

私、お梅は新潟の雪深いモノスゴイ田舎で育った。
先日、百三十余年の歴史を誇った母校(小学校)も閉校してしまった。
寂しいものである。

私の幼いころの田舎者っぷりは、筋金入りだ。
生まれ育った地域全体がそうだったのか、
家庭がそうだったのか、
そこだけ時代の流れが止まっていたのではないかと思う程である。

現在住んでいる近所に、たまに行くフランス料理店がある。
さりげない店構えで、値段も手頃で、とにかく美味しい。
ある時食べたメインの肉料理が「ウサギ」だった。

シェフ:「フランスから空輸したウサギです。フランスではウサギはポピュラーなんですよ。」

寅:「へぇ??。ウサギ?初めて食べるなぁ。」

梅:「へぇ??。ウサギ?懐かしいなぁ。」

シェフ&寅:「えっ?」

フランスでポピュラーなウサギは、私の実家でもポピュラーだった。

そのシェフがソテーしたウサギの肉には全く臭みがなかった。
肉と一緒に肝臓だったかな?内臓の一部もソテーされて添えられていた。
その内臓を食べた瞬間に、子供の頃にタイムスリップをした。

子供の頃、ウサギを良く食べた。
脂がのる季節が冬の終りなのだろうか?
雪が少しずつ融け始める頃に食べた記憶がある。
鶏肉を少し硬くした感じで、独特の臭みが少しあるが私は好きだった。

家で両親がさばいていたので、学校から帰ると庭の雪が真っ赤に血で染まっていた。
あどけない子供だった私はその真っ赤にそまった雪を見て、

「やった!今日はウサギだ!」

と、喜び勇んで玄関の扉を開けていた。

今思うと、かなりヤバイ。
でも、もっとすごい肉をおやつに食べていた。
それはまた次回に…

不快な思いをした方がいらしたらスミマセン。

にほんブログ村 為替ブログへ ← m( _ _ )m






Comments


私もよく会社の人に
田舎ものといわれますが、
すみません、お梅サンと比べると
ぜんぜんでした。
というのも、失礼な話ですが。
うさぎは食べたことありません。
 

井出さん

勘違いです。
フランス人と味覚が分かちあえるセレブです。
多少調理方法は違いますが…。
ソテーではありません、煮付けでした。
 
精米
お梅さん、こんにちはv-278
私も田舎育ちですけど、、、参りました。
私もうさちゃんをv-530食べたことはありません・・・。

祖母からもらった玄米をだんな様と共に精米しに行ったとき、
だんな様「うわ~、精米なんて初めてだよ。わくわくする。」
といわれました。私にとって当たり前のことだったので
その発言の方がびっくりでした。
>幼いころの田舎者っぷり
また聞かせてくださいねv-411

 

みちぽりんさん

みちぽりんさんのご主人が私の幼少時代を覗いたら、
腰を抜かすかもしれません。
我が家も田舎から玄米を送ってもらうので、精米は今でも日常です。
子供の頃は稲を担いでいました(笑)
 

Leave a Comment


10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
FC2カウンター
 
プロフィール

お梅

Author:お梅
人生も折り返し地点にきました。
日々の事を書きとめておこうと思います。

「FX夫婦舟」でスタートしたブログです。
「Go!go!go♪」でReスタートしました。

私→お梅
夫→寅吉
息子→チビ寅
が主な登場人物です。

 
今日のお天気
 
カテゴリ
 
 
 
相互リンク
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。