Go!go!go♪

立ち止まらずに毎日、毎時、突き進もう! 日々の事を備忘録として記録します。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スノーピークに感激と感謝


Category: アウトドア   Tags: ---
アウトドアライフを愛する人で「snow peak(スノーピーク)」を知らない人はいないだろう。

アウトドア用具を製造・開発・販売し、新潟に本社を構える会社である。

私はスノーピークという会社にとても感謝をしている。
それは何故かというと、5年前の2004年11月にさかのぼる。

以前、記事にも書いたが、
私の実家は新潟中越地震の震源地近くに位置し、大きな被害を受けた。
実家周辺の被害は大きく、集落の90%が家屋全壊となってしまった。
私の実家も全壊したが、多くの方々の支援のお陰で
現在は集落全体共々、平穏な生活を取り戻している。

私は地震直後、勤務していた会社に長期の休暇をもらい帰省した。
全壊となった実家には当然住む事が出来ず、
避難所となっている小学校の体育館で家族と一緒に寝泊まりをしていた。

まだ予震が頻繁に起こり、ライフラインを含め、全ての復旧の目処は全くたっていなかった。

地震から10日程経った頃の事である。
この頃になると、全国から大勢のボランティアの方々が応援に来て下さり、
多くの企業や自治体、日本全国の個人の方々からも沢山の支援を頂くようになった。

私や家族がどこから手をつけて良いか解らない程、
崩壊してしまった家を片づけていた時だった。

1台のワンボックスカーが実家の前に停まり、車から男性が降りてきた。

男性:「ボランティアで、テントを各家庭に設営して回っています。
    よろしかったら設営しますが、いかがですか?」

姉:「え?テント?」

男性:「はい、避難所ではプライベートもありませんし、荷物置き場代わりにもなるかと思います。」

姉:「あぁ、そうですね、良いですね、立てていただけるのですか?」

男性:「はい、場所を指定していただければ私たちが設営します。いかがですか?」

姉:「じゃぁ、お願いしようかな?」

男性:「ご家族は何人ですか?」

姉:「5人です。」

男性:「わかりました!」

4?5人の男性が車の中から現れ、リーダーと思われるその男性の指示の元、
テキパキとテントを設営してくれた。

完成したテントの中にはインナーマットが敷いてあり、寝袋が家族5人分置かれていた。

男性が、簡単なテントの説明をしてくださった時に、私は思わず聞いた。

梅:「あの、このテント、どのようにお返ししたらよいのですか?」

男性:「いえ、返さなくて大丈夫です。
    これはこの地震で必要なくなったらご自由にお使い下さい。」

梅:「ええっ!?いいんですか?寝袋もこんなに…。」

男性:「はい、雪が降れば使えなくなりますが、その間だけでも使っていただければ(微笑み)」

そう言って、スノーピーク御一行を乗せたワンボックスカーは過ぎ去った。
私には、アウトドアの王子がやってきたかのように思えた。
あちらこちらの家の庭先に、スノーピークのテントが姿をみせた。

その後、スノーピークのテントは、震災直後の魚野川の土手を埋め尽くした。
私の実家の様に、震災に見舞われた家庭をはじめ、
ボランティアの人々の寝泊まりの為に、テントの配布と設営を行ってくれたのだ。
中越地震の時には、大勢のボランティアの方々が来て下さったので、その数も半端ではなかった。
スノーピークフリークが見たら、あの土手に並ぶテント群の光景は感動ものであろう。

千葉へ帰ってきてから、ネットで知ったのだが、
中越地震でアウトドアボランティアをしてくださったのは、
スノーピークをはじめとする各アウトドアメーカーさんだった。

友達の家には小川テントの大きいテントが設営されていた。
雪が降るまでの短い間ではあったが、とても役に立った。

実家で設営していただいたスノーピークのテント、アメニティドームは
現在、夫婦舟家のキャンプで活躍している。
もちろん、インナーマットと寝袋もである。
saite-1.jpg

それまでキャンプをしていたのでスノーピークというメーカーは知っていたが、
より一層の信頼度をスノーピークに感じるようになった。
本当にありがとうございました。
にほんブログ村 アウトドアブログへ

地震の際にはとても多くの方の支援と労力と勇気を頂きました。
本当にありがとうございました。

テーマ : キャンプ場    ジャンル : 旅行

Comments


すばらしい会社ですね♪
それでこそ本物!
偽善者とは違います♪
 

震災の時にテントは重宝しますね!
アウトドアメーカーさんもやりますね~♪

阪神の震災の時も、全国から物資が届いたり、
ボランティアの方が沢山いらしてくれて、
ほんとに感謝しました。

人の暖かさっていいもんですね♪
 

私の住んでいた地域は大きな被害はありませんでしたがあの揺れは今まで体験したことのない揺れでした。今でも思い出すとぞっとします・・・
避難生活している友人宅へお手伝いに行きましたが自然の恐さを知りました。

アウトドアメーカーさんやりますね!
震災はつらかったですが人の温かさがありますね^^


 

読んでるうちに涙がでてきました。
そして、テントがほしくなりました。もちろんスノーピークの!!

心が救われるような気がしました。人も捨てたもんじゃないなぁ。
昨夜「ザ ベストハウス123」で、現代社会のドキュメンタリーを見たばっかりですさんだ心になってたもんですから余計うれしかったです。

 

>beebeeさん

あああっ♪beebeeさんだ♪
コメントありがとうございます!嬉しいです♪
本当に素晴らしい会社だと思います。
最近はスノーピークのアウトドア用品を
使用しているキャンパーをよく見かけるのですが、
品質も良いのですが、会社自体が素晴らしいのだと思います。




>masaさん

山古志ではないのですが、かなり近いです^^

地震の時は、このスノーピークの方々をはじめ、
本当に多くの方々に心温まる支援をいただきました。
語りつくせない程です。

中越地震は、他の地震に比べ、
特に皆さんからの支援が大きかったと思います。

私もこのお礼を同じような形で返してちけたらと思っています。




>とまとさん

そうなんですよ、テントって重宝します。

スノーピークはかなり価格設定が高めなので
無料で配布して下さったのにはかなり驚きました。

中越地震は、阪神大震災があったから、
復興がスムーズだったのだと思います。
都心部での大震災を思うと、
阪神の方々の辛さはそうとうなものだったと…

みなさんの温かさかさ、本当に身にしみました。




>もんぷちさん

千葉でもかなり揺れましたから、
もんぷちさんの所も凄かったでしょうね。
自然の猛威は本当にすごいです。

震災は大変でしたが、人の温かさを痛感しました。
感謝の一言では言い表せません。




>kiringringさん

震災では本当に数多くの方々に助けていただきました。
ここには書ききれないくらいです。

私の実家は男手がなく、投げやりになっていた姉は
私が帰省した時には何もやる気が起きず、悲しんでばかりいました。

しかし、ボランティアの方々が一生懸命に支援して下さる姿を見て、
ただ悲しむ自分を反省し、勇気と活力をもらいました。
私ひとりでは姉を勇気づけられなかったと思います。

物だけでなく、精神的な支援も数多く頂きました。
本当に言葉では言い表せないほど感謝しています。
そして、支援して下さった方々のように、
自分もそうありたいと思っております。
 

Leave a Comment


07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

06

08


 
FC2カウンター
 
プロフィール

お梅

Author:お梅
人生も折り返し地点にきました。
日々の事を書きとめておこうと思います。

「FX夫婦舟」でスタートしたブログです。
「Go!go!go♪」でReスタートしました。

私→お梅
夫→寅吉
息子→チビ寅
が主な登場人物です。

 
今日のお天気
 
カテゴリ
 
 
 
相互リンク
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。