Go!go!go♪

立ち止まらずに毎日、毎時、突き進もう! 日々の事を備忘録として記録します。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の珍事


Category: .過去記事 > 投資日記(2009)   Tags: ---
先週の金曜日、珍事件が夫婦舟家、いや、私に起きた。



金曜日の昼間、仕事中の寅吉からメールが届く。

寅メール:「今日の夜、ヨシオ(仮名)と星野(仮名)とで飲みに行っていい?」

このヨシオと星野は寅吉の学生時代の友達である。
私は星野とは一度だけ面識があるが、ヨシオとは会った事がない。(←おいおい、呼び捨てかよ?)

この二人との飲み会は寅吉はとても楽しいらしく、いつも上機嫌で帰ってくる。
楽しい飲み会はついついお酒がすすむもので、
いつもベロンベロンになって帰宅する。

飲みすぎないように!と、釘をさして了解した。


私はその夜、のんびりとブログでも更新しようかと思い、早めにチビ寅を寝かしつけた。

昼間にこっそり買ったケーキに舌鼓を打ちながら、
先週のトレードをExcelの表に打ち込んでいた。

4コ買ったケーキの内、2コを平らげ、
「あぁ…さすがに全部は食べれないなぁ…。」
と、自分の胃袋の限界に情けなさを感じている時に携帯が鳴った。

時刻は0:30、寅吉からだった。

寅:「お梅、ゴメン!、今日、星野を泊めてもいい?」

梅:「へっ? 何で?」

寅:「あいつ、電車が無くなったんだよ。」

梅:「ええ?、大人なんだから、タクシーで帰れるんじゃないの?」

寅:「いいじゃん、な、寝れるかな?」

梅:「ええぇ?、寅吉、明日仕事じゃない、大丈夫なの?」

寅:「それは大丈夫、それより、星野連れて帰っていい?」

梅:「ええ?! ネットカフェとかあるでしょ?」

寅:「そうだけど、いいじゃん、な、連れて帰るよ。」

梅:「ちょっと!布団とかないよ、寝袋になっちゃうけど。」

寅:「平気平気、俺達ラーメン食べてから帰るから、また電話する。」

と言って、テンション上がりまくりの寅吉は電話を切った。

ちょっと!マスオさんが穴子君を連れて帰ったら、サザエは怒るんじゃないの?
まったく、寅吉は!

と、思っていると、また携帯が鳴った。

寅:「お梅、ゴメン! ヨシオも連れて帰る事になった。」

梅:「ちょっと、ちょっと、ヨシオは終電まだあるじゃん!なんで?」

寅:「さぁ?何でだろうな?」←クスクス笑っている。

梅:「ええ?!マジで来るの? そのテンションに私ついて行けないんだけど。」

寅:「大丈夫、大丈夫、じゃ、よろしく?」

梅:「ちょっと、あとどれくらいで着くの?」

寅:「30分くらいで着くよ。」


しょうがない…


私はチビ寅のおもちゃで散らかっているリビングを少し片づけた。
我が家は、賃貸でお客様を迎え入れる程のスペースはない。
実家の姉が来た時も近くのホテルを予約しなければならないくらいなのに…

寅吉の大事なお客様ではなく、学生時代の悪ガキ仲間だし、まぁいっか…
と、諦める事にした。

暫くすると、ドヤドヤと陽気な人の気配が聞こえてきた。

満面の笑みの寅吉と一緒に玄関へ入ってきたのは、
三遊亭楽太郎(星野)と芋洗坂係長(ヨシオ)だった。

楽太郎も芋洗坂も、遠慮している様子はない。
さすが、寅吉の悪友である。

初対面だゼ、芋洗坂係長!

二人ともスーツなので寅吉のTシャツとスウェットを渡したが、
楽太郎は自分のジジシャツとパンツのまま、
芋洗坂はワイシャツとズボンのままベルトを緩めただけでダラリと寛いでいる。

夫婦舟家の狭い狭いリビングに、いい年をしたオッサンが3人、
好き勝手な格好をしてはしゃいでいる。

「この光景はいったい?」

面白いような、恐ろしいような…奇異な光景である。

3人共、酔いのテンションが治まらず、次から次へと昔話が出てくる。

梅の心:「おいおい、そんな話、さっきまで居酒屋でさんざんしてきたんじゃないの?」

と、思いながら聞いていたが、寝そうもないので仕方なく聞いた。

梅:「飲み足りないんじゃない?久保田あるけど、飲む?」

芋洗坂係長:「ええ?!久保田ぁ?いいねぇ♪」

と、飛び起きた。

しつこいようだが、初対面だゾ、芋洗坂係長!

酒好きの気持ちが解る自分が幸か不幸か…
一升瓶のままテーブルに久保田を置き、私も加わり飲み直す事に…。

一時間程した頃、チビ寅があまりのうるささに起きてしまった。
私はそこで寝室へ退散。



次の日の朝、何も知らないチビ寅がいつもの様に一人で起き上がりリビングへ。

タッタッタッタッ…チビ寅が固まる。
びっくりした様子で寝室に後ずさりしてきた。


私も起き出し、「朝食も食べて行くのだろうか?」と思いながらとりあえず熱いコーヒーを淹れる。
「どうぞ」と、グッタリしている二人に差し出す。

やっぱり朝も異様な光景だ…orz

楽太郎も芋洗坂もゆっくりとコーヒーを飲んでいる。

「朝食も?出す?出す?えええ?」

と、悩んでいたらようやく二人が立ちあがった。

梅の心:「あああああ????っっっ  やれやれ…  ふぅっ。」

不思議な空気が流れる時間がやっと終わった。
いつか広い家に引っ越したら、思う存分飲みに来て、泊って行っておくれ、

楽太郎と芋洗坂よ!



にほんブログ村 為替ブログへ

Comments


おぉぉぉおおぉっぉお
お疲れ様ですwwww
嫁に同じ思いをさせないように
肝に銘じておきますw
 

大変でしたね。お疲れ様でした。

我が家では考えられないことです。
泊まりでなくとも、日中でも嫌がりましたので、
以後、友人とは外で会うようにしています。
 

楽太郎と芋洗坂って(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん
相変わらずのセンスで、めちゃウケました!!

なんだかお梅さん一家のあったかい空気が
流れてくるような事件ですね♪
チビ寅ちゃんが寝室に後ずさり・・・
ってところも、可愛くっていいですね~♪

今度はとまともお仲間にいれてください(笑)
 

お梅さんこんにちは。

いやいやお疲れ様でした。
私の場合酒飲めないのでそんな状況になる事は無いと思いますが、
もしあったら嫁さん怒るだろうな…
お梅さんの心の広さ素晴らしい!

チビ寅くんも楽太郎と芋洗坂いたらそりゃビックリしますね(笑)
 

>がくさん

広い家だったら全然かまわないのですが、
なにせ狭いので…

気心が知れていればOKなんですが、
初対面だったので、どうしてよいものやら…
という感じでした(笑)




>masaさん

広い家なら何の問題もないんですけどね(笑)

私はあまり気にしないのですが、
それがあまりに気にしなすぎて
来て下さった方に失礼になるかもしれないですし…
masaさんの奥様はそこを気にされているのでは?

私も寅吉の大切なお客様だったら、
もう少し手厚く接待します(笑)



>mhさん

私は家さえ広ければ、
毎日でもホームパーティーをしたいくらいです(笑)
なので、いつかは広い庭でガーデンパーティーをしながら
お客様を迎えて騒ぎたいですね♪

今回は私も構えていませんでしたが、
寅吉の悪友も大人らしからぬ行動で面白かったので記事にしました(笑)



>とまとさん

ぜひ、とまとさんも遊びに来て下さい♪
それまでに、FXで稼いで広い庭付き一戸建てに引っ越します!
お互い、元気にお酒が飲める年齢までには
なんとか頑張りますので、是非♪




>ココパパさん

チビ寅はあまりオッサンを見た事がないので
ちょっとビビっていました(笑)
おじいちゃんには見慣れているんですけどね(笑)

本当は広い家のフカフカのお布団で
ゆっくりと酔いを醒ましてほしかったのですが、
我が家の状況では無理です(苦笑)
 

Leave a Comment


10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
FC2カウンター
 
プロフィール

お梅

Author:お梅
人生も折り返し地点にきました。
日々の事を書きとめておこうと思います。

「FX夫婦舟」でスタートしたブログです。
「Go!go!go♪」でReスタートしました。

私→お梅
夫→寅吉
息子→チビ寅
が主な登場人物です。

 
今日のお天気
 
カテゴリ
 
 
 
相互リンク
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。