Go!go!go♪

立ち止まらずに毎日、毎時、突き進もう! 日々の事を備忘録として記録します。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よよよぉぉ?! 朝イチで汗をかく。。。


Category: .過去記事 > 投資日記(2008)   Tags: ---
朝、寅吉が起きて来てPCを覗いた。

寅:「おぉ? ずい分下げたなぁ。」

といいながらシャワーを浴びにいってしまった。
朝は忙しいのでPCの電源を入れたもののチャートは見ていなかった。
覗いてみると、98.00に1回触れている。

実は指値で98.00円の買いを入れておいた。
98.00ラインに触れたが、スプレット分?でかろうじて買われていなかった。
あせった私は慌てて風呂場の扉を開いた。
シャンプーの泡だらけになっている寅吉に言った。

梅:「ねぇねぇ!98円の指値、もっと下にした方がいいかな?」

寅:「うん、まださげそうだねぇ。別に98円で1回買ってもいいんじゃない?」

梅:「94円はどう?」

寅:「また一度上がってから下がると思うから、98円のままでいいんじゃね?」

寅吉の提案も聞かずに、慌てて指値を94円と言っておきながらちょいビビリで95円にした。
シャワーから出てきた寅吉に、自慢げに

梅:「指値95円にしちゃった。」

と報告すると、チャートを見て寅吉が

寅:「俺だったらここで買っておくな、反発で少し上がるからそこで売る。
   損切りは直近の98.00円ね。」

梅:「ふ?ん。」

と言っている間にジリジリと上げてきている。

寅吉が着替えてタバコをいっぷくし、コーヒーを飲み干して玄関を出て駅に着く頃の間に、
その一連のチャートの動きは終わっていた。

が、しかし、素人の私はチャンスを逃したんじゃないかという衝動から
98.24円で買いを入れてしまった。
「損切りを設定しなきゃ!」と思っている内にどんどん下がってきている。
まだ一度しか買ったことがないから、損切りの設定が良くわからず、余計に慌てふためく!
やっと解った時には97円台がチラチラ見えていた。
97.75円に損切りを設定して気持ち安心したのもつかの間、あっけなく損切りしてしまった。
コーヒーを一口飲んだだろうか?
あっけにとられて、肩の力が抜けた。

-¥5100である。

気持ちを落ち着けて、チャートを眺めてみる。
あぁ?慌てていて、寅吉に教わったルールを守っていない。
どんどんさげている。損切りしていて良かったと自分を慰める。

どうしても-¥5100が惜しくてたまらなくなってきた。
チャートを見ていたら、「あっ、コレだ!」という瞬間が来たので凝りもせずまた買ってしまった。
損切りは直近の96.6円に設定。

そろそろ寅吉が付く頃だと思い電話をした。

梅:「一大事でございます。」

寅:「(笑)どうした、事件が起きた?」

寅吉が家を出てからの一部始終を報告した。

寅:「また、下げにくるから96.6円の損切りははずしていいや。」

梅:「えっ?そうなの?解った。」

寅:「97円台で買ったんだったらちょうどいいよ、それぐらいで持つのが。
   95円の指値もキャンセルしな。」

梅:「えっ?キャンセル?」

寅:「97円でもう一つ買ったからな、いらない。」

梅:「そうか、そうだね。了解。」

寅:「そんなに慌てなくても大丈夫だよ。」

寅吉は余裕である。
言われたとおりに損切りと指値はキャンセルした。
これでのんびり投資の長期保有に戻った。
急流から大海原に出たような気分だ。。。大袈裟か?

寅吉が言った通り、その後、96.6円をあっさり割った。
寅吉って何者だ?

にほんブログ村 為替ブログへ ← m( _ _ )m






Comments

Leave a Comment


07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

06

08


 
FC2カウンター
 
プロフィール

お梅

Author:お梅
人生も折り返し地点にきました。
日々の事を書きとめておこうと思います。

「FX夫婦舟」でスタートしたブログです。
「Go!go!go♪」でReスタートしました。

私→お梅
夫→寅吉
息子→チビ寅
が主な登場人物です。

 
今日のお天気
 
カテゴリ
 
 
 
相互リンク
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。