Go!go!go♪

立ち止まらずに毎日、毎時、突き進もう! 日々の事を備忘録として記録します。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザ予防接種の副作用?


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
昨日は一日病院のハシゴをしていて、チャートも口座も見ることが出来なかった。

一昨日、月曜日にチビ寅のインフルエンザの予防接種へ行ってきた。
昨日の朝、チビ寅と遊んでいた寅吉が、慌てた声で叫んだ。

寅:「おいっ!なんだよ、コレ!チビ寅おかしいぞ!」

梅:「え?何が?」

チビ寅の左手の指の間から甲にかけて
ギッシリと紫色の細かい斑点が浮かびあがっていた。
斑点は左手に集中しており、右手にも少しあったが目立たなく、
他の身体の部位には見受けられなかった。

慌ててインフルエンザ予防接種を受けた個人病院へ連れて行った。

梅:「昨日寝る前にはなかったのですが、朝起きるとこんな風になっていて…」
   
チビ寅の手を見た先生は一瞬、ギョッとした。

先生A:「左手だけかな?なんだろう?」

梅:「昨日のインフルエンザの予防接種のせいかな?と、思ったのですが…」

先生A:「インフルエンザの予防接種でこんな風にならないよ!左手だけ?
    さぁ?何だろうね?インフルエンザの注射ではこんな風にならないよっ!
    はじめて見たよ、何?これ?」

梅:「いや、わからないから連れて来たんですけど…」

先生A:「だって、注射したのは右手でしょ?だったら余計に関係ないよ!
    こっちのせきに…」

先生Aは、「責任」という言葉を口にしようとして、飲み込んだ。

先生A:「かゆみはあるのかな?」

梅:「かゆそうにはしていないのですが…」

先生A:「そう、じゃ、放っておけば治るよ、痒そうだったくすりでもつければいいんじゃない?」

私は、先生Aの「私のせいじゃない」という雰囲気に圧倒されながら、
納得はいかなかったものの、病院を出た。
最後の言葉も、診療も誠意のある感じは全く持ってみうけられなかった。

寅吉も一緒についていってくれていたので、診察室での一部始終を話すと
他の病院で見てもらおうという事になった。
以前私がお世話になった個人医院が通り道にあったので、寄った。

梅:「あの、今朝起きたら、こんな風になっていて…。」

この先生Bもチビ寅の手を見てギョッとした。

先生B:「えっ?どうしたの?何かあったの?え??」

先生Bの顔からも普通じゃなさそうな雰囲気が伝わってきた。

梅:「実は、昨日、他のところでインフルエンザの予防接種をしたんです。」

と、告げた瞬間、先生Bは大きくうなずいた。

先生B:「インフルエンザの予防接種の副作用に間違いないね。」

梅:「でも、そこの先生には予防接種は関係ないって言われたんです。」

先生B:「あぁ、そう…。でもこれはその副作用しか考えられないよ。
     その先生をかばう訳じゃないけど、これは個人個人合う合わないがあるから。
     早急に血液検査をした方がいいね。
     ここのような個人病院では血液を採っても直ぐに検査に回せないので、
     大きい病院で血液検査をしましょう。
     この血液検査は時間が経つと意味がないんだよ、
     ○○○病院で出来るように手配するから。」

と、その場で近くの総合病院へ連絡をとってくれ、紹介状をかいてくれた。

そして、その足で総合病院へ。
話は通っていて、診療時間がだったにも関わらず、スムーズに診療、採決してもらった。
総合病院の先生は結局インフルエンザ予防接種の副作用だとは言わず、
採血の結果が「異常なし」という事で様子を見ることになった。
念のためにと夜中に何かあったらと採血のデータをもらった。

今朝起きたらチビ寅の斑点は和らぎ、回復に向かっている様子だ。
念のためにと今日、総合病院の小児科の先生が皮膚科の診療予約をとってくれたので
これからまた病院へ行かなければならない。

昨日、ネットでインフルエンザ予防接種の副作用について調べてみた。
どうやら「アレルギー性紫斑病」というもののように思う。
軽い症状の場合は安静にしていれば回復するらしい。
じっさい、紫斑は回復しているので大丈夫だと思う。

それにしても、かかりつけにしていた病院の先生Aの態度に悲しくなった。
文句を言いたくて、診察に言ったのではないのに…
最近、婦人科や内科、小児科の医療現場は
厳しい事になっていると連日報道されている。
私自身、昨年婦人科の病気で手術入院し、
先生方やスタッフの方々のご苦労は大変なものだと痛感した。
予防接種のリスクを理解していないわけではないし、
ただ、理由が知りたかった、そして症状の回復に務めて欲しかっただけなのに…

そろそろ時間なので、言ってきます?。

昨日、用意してあった記事もアップできなかったので一緒にアップします。
応援クリックをよろしくお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ ← m( _ _ )m




テーマ : 日記    ジャンル : ブログ

Comments


医療ミスだー!
てか、非をみとめない むしろ責任転嫁
するなんて言語道断です!
 

文句を言おうと思って、行ったのではないのに、
その先生の対応は、ほんとに悲しくなりますね。
ただただチビ寅ちゃんの症状を聞きたかっただけなんですよね。
なんだか世知辛い世の中で悲しくなります。

チビ寅ちゃんの症状が早く良くなりますように!ポチ♪
 

なんですか、それーーっ?
そんな医者、問題外です。
別の病院に行って正解でしたね。

ちゃんと患者の話に耳を傾けてほしいですよね。
それができない医者が多すぎます。
 

うちも昨日インフルエンザ2回目に行ってきたばかりです。
やはり、そのかかりつけの医師の対応はムカつきますよね…
わからないから行ってるのに…
でも、採血の結果が異常なしで一安心かな?(軽々しく言ってゴメンナサイ)
 

>がくさん

先生の早く追い返したいオーラはちょっと怖かったです。
責任転嫁…できればそうしたいという感じを受けました。
きっともうあの病院へは行きませんね~




>とまとさん

そうなんですよ。
先生を責めにいった訳じゃないのに、
先生の方があんな態度じゃ
診療を受けたくても受けれないって感じでした。
「世知辛い世の中」本当にそう思いました。
全ての人が責任追及をする訳ではないのに…
先生をあんな風にしてしまったのは世間なのでしょうね。
本当に悲しいです。

お陰様で、チビ寅の発疹はなくなりました。
ありがとうございました。


>beebeeさん

本当に、患者が何を言いたいのか聞いて欲しかったです。
一方的でしたから…
結局、その後はチビ寅も回復したので良かったです。
あんなにムキになって、先生が哀れな感じでした。
きっと今後はその医院には行かないと思います。



>shinoさん

ありがとうございます。
その後チビ寅も回復しました。
以前から、その先生はなんとなく印象が良くなかったのですが
今回で決定的になりました。

インフルエンザの予防接種は体調が万全の時に
摂取した方が良いんですね。
 
悲しいね…
チビ寅ちゃん、
ひどくなくってホントに良かったですね。

かかりつけのお医者さんがそんな先生だったなんて
悲しすぎます。
お医者さん変えた方が良いですね。

うちも一才になり任意の注射を打とうと思っているので
心配になります。
Hibも12月から認可されたようですよ。
そのせつはお世話になりました。
 

>ヨーグルさん

本当にひどくならずに済んで良かったです。
かかりつけの小児科は変更することにしました。
薄々は良くないって感じていたのですが、
他の人から良いと言われていたので…
私には合いませんでした。
お医者さん選びというのも難しいですよね。

Hibの接種、年内に出来るようになって良かったです。
こちらの副作用は三種混合と変わらないくらいだと聞いています。
インフルエンザの予防接種って、調べてみたら
以外に多くて驚きました。
厚生省の発表と現実は違うようです。
 

Leave a Comment


08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
FC2カウンター
 
プロフィール

お梅

Author:お梅
人生も折り返し地点にきました。
日々の事を書きとめておこうと思います。

「FX夫婦舟」でスタートしたブログです。
「Go!go!go♪」でReスタートしました。

私→お梅
夫→寅吉
息子→チビ寅
が主な登場人物です。

 
今日のお天気
 
カテゴリ
 
 
 
相互リンク
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。