Go!go!go♪

立ち止まらずに毎日、毎時、突き進もう! 日々の事を備忘録として記録します。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京オートサロン


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
今日は東京オートサロンへ行ってきた。

会場の幕張メッセは自宅から車で10分弱。
毎年、このオートサロンが開催される週末は
渋滞が起こるので幕張近辺には近づかない事にしていたのだが、
今年は家族で楽しんできた。

私はあまり車には興味がないのだが、
思った以上に賑わっており、楽しめた。

FXで儲けたら、この車(なんという車かわからない)をお買いもの専用車にしよう♪
とか、
FXで儲けたら、お買いもの専用車の他にアウトドア専用の大きいヤツも買っちゃおう♪
とか、
FXで儲けたら、寅吉にもコレ買ってあげるよ♪
とか、
…そんな事を言いながら空想を楽しんできた。

先ほど東京オートサロンの公式HPを見たら、
今日の来場者数は104,832人だったらしい。
三日間の総来場者数は237,954人で昨年の来場者数より多い。

昨年の東京モーターショーは
12日間の総来場者数が614,400人だったそうだ。

ということは…オートサロンの方がやはり賑わっていたのかな?
モーターショーへは行ってないので何とも言えないが…

数年前の東京モーターショーの時にうっかり幕張へ行ってしまい酷い目に遭った。
通常なら10分弱で帰れる所なのに3時間もかかってしまったという苦い記憶がある。

しかし、昨年の東京モーターショー開催時に何度も幕張近辺へ行ったが
「モーターショーやってるのかな?」
というくらい渋滞知らずだった。

最近は若い世代の車離れなどが度々テレビで取り上げられているが、
今日のオートサロンも若い人(20代前半)は少なかったように思う。

う?ん…デフレが深刻な今、日本を代表する産業、車産業を応援するぞ?!!

車、買い替える?

うううう?…無理です…


ブログランキング・にほんブログ村へ





スポンサーサイト
テーマ : 日記    ジャンル : 株式・投資・マネー

柚子ジャム


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
先日、寅吉の実家からバケツ一杯程の柚子をもらってきた。

ここ数年、この時期になると寅吉の実家の柚子でジャムを作る事が恒例になっている。

今年はこの柚子ジャムがちょっとしたお役立ちをしてくれる事になった。

話の流れで、ベンチャー企業を立ち上げた女友達の
会社のお披露目パーティーで配る事になったのだ。

彼女から依頼された数は40個。
40個のジャムって、結構な量になるんだよねぇ…
量が足りなくなるのでは?とヒヤヒヤしたが、なんとか無事に40個完成。
yuzu2.jpg

PCでラベルを作り、この柚子ジャムを使ったお料理のレシピを作成し、ラッピングした。
yuzu1.jpg

柚子ジャムは、トーストやヨーグルトにのせたりしても美味しいのだが、
私はお料理に使う事が多い。

大根の甘酢漬けに柚子ジャムを少し加えたり、
ドレッシングを作る時に加えたりと重宝する。

せっかくなので柚子ジャムを使ったお勧めレシピをひとつ。

****************************************************

★ローストポーク柚子風味★

【材料】
●豚ロースかたまり肉…600g
○にんにく…ひとかけ
●塩…適宜
○こしょう…適宜
●醤油…1/2カップ
○酒…40cc
●みりん…大さじ4
○柚子ジャム…大さじ2
●玉ねぎ…1個

【作り方】
1.オーブンを200℃に温めておく。
2.豚肉に塩、こしょう、おろしたニンニクをすり込み、20分くらいおく。
3.玉ねぎは薄くスライスして水にさらしておく。
4.醤油、酒、みりん、柚子ジャムを合わせておく。
5.豚肉の脂身を上にして200℃のオーブンで約20分焼き、180℃に下げてもう20分焼く。
6.豚肉が焼けたら熱いうちに4のタレに漬け込む。
7.一時間ほどで味が浸みるので冷めたら豚肉を薄くスライスする。
8.スライスした玉ねぎを添えて、お皿に盛り、漬けダレをかけて出来上がり。
※お好みで色々な野菜を添えてください。

****************************************************

柚子ジャムの作り方は、色々なサイトで紹介されているレシピのイイとこどりで作った。
種を入れ過ぎるとペクチンの作用が利きすぎて
カチンカチンになるので要注意である。

柚子が沢山手に入ったら、是非、柚子ジャムを作ってみては?



今年も残り二週間!!!!!
頑張るそ?!

にほんブログ村 為替ブログへ
テーマ : 作ってみた    ジャンル : グルメ

痛みに鈍感?


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
昨日、寅吉が久し振り(約二年ぶり)にゴルフへ出掛けた。

チビ寅が生まれる前は、私もゴルフが大好きで
二人で良く練習やラウンドへ出掛けていた。



そのゴルフでのエピソードをひとつ…


ゴルフをはじめて6ケ月程たったある週末に
寅吉と友達カップルとゴルフ&キャンプを計画した。

土曜日に栃木県のとあるゴルフ場を予約し、
その日はそのまま那珂川の河川敷でキャンプをし、
日曜日に寅吉の仕事関係の友達二人と私との4人で
違うゴルフ場でラウンド予定だった。

…って、ゴルフとキャンプってあまり取り入れない組み合わせだ。
テントの中からゴルフウエアで登場する姿はあまり人に見られたくないものである…

初日のラウンドが終わり、その後に練習がてら回ったショートコースで災難が起きた。

3ホール目のティショットでボールを打った瞬間に背中に激痛が走った。
息ぐるしくなり、思わずうずくまってしまった。
痛みに耐えながらも一時的なものかもしれないと思い、
次のホールへ向かおうとした。

しかし、クラブを持つ事ができない…
痛みも酷いので一人でクラブハウスへ戻る事にした。

途中、車の中に忘れ物を取りに行ったのだが、
車のドアを握る事も出来ないくらいに背中というか、首の付け根が痛んだ。

体を温めたら痛みも治るかもしれないと、
クラブハウスの温泉にじっくり浸かってみたが和らぐ気配もない。

サービスに置いてあったヤクルトを2本飲んでみたが効く訳もなく…

疲れているのかと足裏ツボマッサージ機で30分程マッサージしてみたが
冷汗がでるばかり…

結局背中の痛みは良くならなかったが、
みんなに迷惑をかけると悪いのでそのままキャンプへ向かった。

寅吉も友達も、
「背中が痛くなる事はよくあるよ。自分たちも今も痛いよ。」
などと言うものだから、私の我慢が足りないのかとジッと我慢した。

首を動かす事もままならなかったが、
その日はそのままキャンプを続け、私は一足先にテントで寝た。

夜中もあまり眠れず、しかも外は雨だった。

次の日の朝、私と寅吉は違う友達とラウンド予定だったので、
キャンプの後片付けも早々に雨の中ゴルフ場へ向かった。

寅吉が背中が痛むならラウンドはやめた方が良いと言ってくれたが、
雨だからラウンドをやめたのではないかと思われるのが嫌で小雨の中、最後までラウンドした。
ラウンド中は背中の痛みもさほど気にならず、マズマズのスコアで終える事ができた。

ゴルフから帰って一週間ほど経っても背中の異常な痛みは取れなかった。
これはただの痛みではない!と、思い、病院へ行くことにした。

すると、なんと…

小さな骨だが、骨折していた!!

背骨にある、第七頸椎棘突起という部分がポッキリと折れていた。

レントゲンで見ると、まるで絵で描いたように折れ曲り、
しかも折れた間には肉が入り混んで自然にくっつく事はなさそうなくらい離れていた。

さて、第七頸椎棘突起(だいななけいついきょくとっき)とは?

コレである↓
kyokutokki.jpg

愕然っ!


整形外科の先生が言うには、ゴルフの過度なスイングで棘突起をねじ切ったのではないかと…
肩と首のねじりが交差する所に第七棘突起があり、
負担がかかり過ぎて折れたのでは?という事だった。

必要なら首を固定する大きい首輪みたいなものを着けますか?
と言われたが、次の日にゴルフまでしている私には必要ないと思い丁重にお断りした。

それにしても…まさか骨折しているなんて!
まぁ、確かに痛かったけど、骨折の痛みってあんなもの?
当日はかなり痛かったが、次の日ゴルフしちゃいましたけど…

痛みに鈍いのかなぁ…



痛みに鈍いと言えば…
一昨年、開腹手術をした時の事。
虫垂炎かと思い、病院へ行ったが検査の結果が違うと様子見をされ、

先生:「もう一つ疑い深い病気がありますが、その場合、こんな痛みではありませんから」

梅:「そうなんですか?その病気ならどれくらい痛いのですか?」

先生:「みなさんノタウチ回ります。脂汗がでるような…
    お梅さんのようにこんなにのんびりしていられません。」

梅:「あの、私も結構痛いんですけど…」

先生:「いえいえ、こんなもんではありませんよ。」

と断言されたが、結局、その先生の言っていた疑い深い病気だった。
手術の後、色々な先生や看護師の方に、

「痛かったでしょう?良く頑張りましたね。」

と、口々に言われたが、

「まぁ、確かに痛かったケド…」と言う感じだった。

骨折も手術をした病気も、我慢しなさいと言われれば、我慢できる痛みのような感じがする。



そんな痛みに鈍い私が、いままでの人生で一番キツかった痛みは…


陣痛、ですね。



みなさんの人生最高の痛み、是非お聞かせ下さい。

為替ネタではありませんが、励みになります、クリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ

テーマ : ゴルフ    ジャンル : スポーツ

開けちゃって、ごめんなさい。


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
今日は3週目のトレード報告をしようと思ったが、
あまりにもひどい成績なので、明日に先延ばしにしようと思う…

トレード意欲が湧かなくなるほどの惨敗だが、
週明けには気持ちを新たに頑張るぞっ!

にほんブログ村 為替ブログへ ← m( _ _ )m




というわけで、違うお話を。

今日はお天気も良かったので夫婦舟家は富津港へ釣りに出かけた。
風が少し強かったものの、とても気持ちが良かった。
0419-1


釣果はちっさ?いメバルが2匹。
0419-2

小さいけれど、せっかくなので持ち帰り、塩焼きにしていただいた。
新鮮なお魚は全く臭みがなくとってもおいしい。

釣りは何事もなく終わり、これからが釣れる時間だ!
という寅吉の寂しげな呟きを聞きながら帰り仕度をした。

途中のコンビニでちょっとしたハプニングに遭遇。


トイレを借りて、入ろうとドアを開けたら、





便座に座っている男性と…目が合った。






慌てて車に戻り、

梅:「あぁ…びっくりした!」

寅:「どうしたの?」

梅:「トイレ開けたらさぁ、男の人が座ってて目があった。」

寅:「えええっ?ウソだろ?」

梅:「ホント。でも、ごめんなさいって謝ったよ。」

寅:「っていうか、遅いし。あ、それ、入って左のトイレだろ?」

梅:「そう!何で解んの?」

寅:「朝、俺が入った時、カギが異様に硬かったんだよ。」

梅:「そっか…、かけ忘れてたんじゃないんだ。そういえば、慌ててた。」


男性の顔も座り姿もかなり目に焼き付いているが、
そんなに恥ずかしい姿じゃなかったので勘弁してほしい。

本当にごめんなさい。

きっと、あのトイレに入っていて、覗かれるという被害にあった人はかなりいそうだ…

高校生の時に、ドライブインの和式トイレのドアを開けた時は怖かった。
一段高くなっている和式タイプのトイレで、
ドアを背に向けて踏ん張っているトラックドライバーのおじさんの
まさに今出始めましたという、あらわな姿は今でも目に焼き付いている。

おじさんの、

「おぅらぁぁぁっ、 てめぇ?っ、コノヤロウっっっっ!!!」

という、ドスの効いたどなり声も忘れられない。

それに比べたら、今日のお兄さんの格好なんてランチを食べているようなものだ。

みなさん、トイレに入ったら鍵は必ず確認しましょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ ← m( _ _ )m





テーマ : 日記    ジャンル : 日記

今日はこれから


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
今日はチビ寅と一緒に新潟の実家へ里帰りだ。
仕事のある寅吉は土曜日に車で私達を迎えに来てくれる予定だ。

週明けからのトレード報告をしたかったのだが、
毎日エクセル表で管理しているトレード記録はノートPCの中。

新潟でPCを触っている時間があるかわからないが、
せっかく買ってもらったので持参する事にした。

が、実家はネット環境はないので、
公衆接続サービスをとりあえず申し込んでみた。

実家から一番近いと思われるマクドナルドで使えるらしい。

どうだろうか?使えるのかなぁ?

実家にいる間にHDムービーで撮った映像も整理したいのだが、
そんな時間はあるのだろうか?

今日はお昼頃に我が家を出発。
電車で東京駅まで行き、新幹線で新潟へ。
新幹線の到着駅に姉が迎えに来てくれる事になっている。

電車好きのチビ寅だが、大人しくしていられるだろうか?
余裕を持って出かける予定なので、
家から新幹線到着駅までトータル4時間の長旅である。
かなり心配だ。

新幹線で実家へ帰るのはこれで2回目。
前回は殆ど歩けなかったのでそんなに大変ではなかった。
チビ寅は同じ場所でジッとしているのが苦手だ…
家にいる時も寝る寸前まで動いている。
大丈夫かなぁ…

ブログ更新は携帯からになるかもしれないが、
なるべく更新したいと思っている。
実家には面白ネタ、転がってるかなぁ?

ブログランキング・にほんブログ村へ ← m( _ _ )m
テーマ : 日記    ジャンル : 日記

新しいPCを購入しました♪


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
先日の記事に、新しいPCの購入は無理そうだと書いたが

昨日、購入してしまった!!!

一昨日、寅吉が珍しく早く帰ってきて、

寅:「PC欲しいの?」

梅:「う?ん、でも、いいよ。」

寅:「ちょっと見に行くか?」

などと言ってきたので、喜んでついて言った。

やはり、贅沢を言うとキリがなく…
見ている内に、「本当に買ってもいいのだろうか?」などと思い始めた。

電気屋を2件ハシゴしたが、その日は結局買わずに帰ってきた。

寅:「買ってもいいよ。入籍記念日と誕生日、合わせてお祝い。」

梅:「えっ?だって、誕生日プレゼントはもう買ってもらったよ。」

実は先日、買い物へ行った時に靴を買ってもらったばかりだった。
心の中で、なんだか罪悪感のような、申し訳なさで一杯になったが…

そんな謙虚な気持ちも1日と持たなかった。
そんな訳で、念願のノートPCをお買い上げ。

実は、4月3日は私達の入籍記念日である。
結婚式はしていないので、今日が結婚記念日だ♪
そして、数日後、また歳をとってしまう。

寅吉、ありがとう。

今年で2年、これからもどうぞヨロシク。


このPC、FXで勝てそうな気がする?!
↑本当か?

にほんブログ村 為替ブログへ

嬉しいニュース


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
先週の木曜日に、以前働いていた会社の友達が遊びにきた。

退社してからも、時々何人かで会社帰りに我が家に遊びにきてくれる。
食事をしながら、飲んだり、お喋りをしたり…

いつも飲みに行くメンバーなのだが、チビ寅が小さい私を気遣って、
時々寄ってくれるのである。

そのメンバーの中の1人、あっちゃんから嬉しい報告を受けた。
今年の秋に結婚をするのだそうだ。

私は、とっても嬉しい。

ブログに書くほど、嬉しいのである。

何故、そんなに嬉しいかというと、あっちゃんの事をとても心配していたからである。

あっちゃんとはこの飲み仲間の中でも一番仲が良く、
二人でオーストラリアやイタリアへも一緒に行った。

彼女は静かで、とても優しい女性である。
聞き上手で、私の愚痴も辛抱強く聞いてくれる。
仕事も真面目で、責任感も強い。

しかし、恋愛下手なのだ。
彼女はまったく男性に媚びらない。
喫煙室でハイヒール姿でタバコをふかしている姿から、
社内ではクールでキツイ印象を与えていた。

見た目の印象とは違い、本当は彼女はとても女らしい。
恥ずかしがり屋で、感情表現があまり上手ではないので
とても損をしていた。

私はいつも思うのである。

世の中の男性は見る目がないのではないかと。

女の打算にひっかかり、うわべの優しさに騙されて結婚する可哀想な男性を数多く見てきた。
一見大人しそうな、恋愛上手の女を妻に持つと大変である。
そんな女に引っかからずに、何故、本当の優しい女を見極められないのかと。

あっちゃんはそんな恋愛下手な女性だった。

あっちゃんが30代半ばになりそうな時に、
飲み仲間のあっちゃんよりも若い二人が婚約をし、私も出産の為に退職をした。

ちょうどその時期と同じ頃、あっちゃんはストレスから、
精神的な病気にかかってしまったのである。
不定期に過呼吸発作を起こすようになり、精神が不安定になった。

あっちゃん自身、淋しさのストレスと年齢的な焦りからだと思うと言っていた。
それでも、今後生きていくためには早く治さなければと通院し、
極度の鬱に悩まされながらも会社にも頑張って行っていた。

怪我の功名とはこういう事を言うのだろうか?

その病気を発症してから、学生時代からずっと友人として付き合っていた男友達から
交際の申込をされ、その数ヵ月後、心配で見ていられないとプロポーズされたのだそうだ。

その男友達の事はあっちゃんから時々聞いていた。
私は、事ある毎に

「灯台下暗しなんじゃない?」
「その人と付き合ったら?」
「あっちゃんの事、良くわかってるね、その人、いいんじゃない?」

などと言っていたのだが、あっちゃんはいつも

「絶対にそれはない」
「ただの腐れ縁だから」
「恋愛には発展しない」

などと頑なに否定していた。

やっぱり、灯台下暗しだったのである。

あっちゃんが、彼女をとても理解してくれている人と結婚するなんて
本当に嬉しくて嬉しくて。

お付き合いが始まったあたりから、徐々に精神状態も安定してきている。

結婚の報告をしてくれた時、あんなに幸せそうなあっちゃんを初めてみた。
私にとって、今までの友達の結婚報告の中で一番嬉しい報告だった。

あっちゃん、おめでとう♪
幸せになってね!


ブログランキング・にほんブログ村へ ← m( _ _ )m
テーマ : 日記    ジャンル : 日記

こんなアンケートが…


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
今週の成績結果を報告しようと思ったら、
LION FXがメンテナンス中の為にトレード結果が確認できず…

なので、昨日の悲しい事件について。

私は日々の暮らしの中でクレジットカードのポイントを集める事を
楽しみのひとつとしている。

カードで支払いできるものはなるべくカード払いにし、
公共料金も含めてなるべくカードを使用するようにしている。

そのカードのポイントを貯めるひとつの手段として、
アンケートに答えてポイントを貯めるというシステムがある。

カード会社のHPからログインするようになっていて、
アンケート内容については様々なジャンルがある。
色々な企業からのリサーチが主な目的のようで、
全ての条件に合致すると、本調査などというものがあり、
参加すると謝礼(現金や図書カード等)も貰えたりする。

アンケートのタイトルは
・日常生活についてのアンケート
・パソコンに関するおたずね
・日用品に関するアンケート
などという、ごく一般的なアンケートが多い。

まず、性別、年齢、居住地域(都道府県)を入力し、
既婚/未婚、自身の職業などを入力、
該当するアンケートなら先に進み、対象外ならここで終わりになる。

大概、専業主婦なので洗剤や日用品、買い物に関するアンケートが多いのだが、
昨日のアンケートはちょっとブルーになった。

タイトルは「ご自身に関するアンケート」

そのアンケートとは、こちら↓
アンケート

もちろん、「あてはまるものはない」にチェックを入れさせていただいた。

そんなに簡単に尿って洩れるのか?



子供の頃、寒い時にスカートをはいているとおばあちゃんがいつも言うセリフ。
「おおっ寒い、見ているだけで寒い、寒い、おおっ寒い!」
↑最近、女子高生を見ると、同じようなセリフを自分で言っている。

階段の上がり降りで腰や膝をさすりながらおばあちゃんが言うセリフ。
「アイタタタ」
↑チビ寅を抱っこした後に思わず呟いている。

って事は、尿モレも時間の問題だろうか?
なってからでは遅い?
膀胱と尿道の強化プラグラムをご存知の方はご一報を。


尿モレとは関係ありませんが、為替ブログに参加しております。
励ましのクリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ ← m( _ _ )m
テーマ : 日記    ジャンル : 日記

噂のTSUTAYA DISCAS


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
今日は為替ではないお話。

最近、気持ち的にも時間的にも少しゆとりが出来てきたので
ずっと遠のいていた映画でもみようかと思い始めた。

とはいえ、チビ寅と一緒に映画館というのは、まだまだ先のお話。
チビ寅が寝静まった夜に、DVDでもこっそりひっそり鑑賞しようかという魂胆だ。

夜にこっそりひっそり、と言っても、あられもないDVDではない、知的な映画鑑賞である。

いざ、DVDを借りようかと思い、レンタルショップを探してみる。
徒歩2分程のところにあったレンタルショップは昨年閉店してしまった。
一番近いTSUTAYAも徒歩20分とかなり遠い。

でも仕方がないのでその徒歩20分のTSUTAYAの会員になった。
そして、最近は何本かの映画を見ている。

が、しかし…
チビ寅を連れてTSUTAYAに借りにいくのだが、いつも大変な騒ぎになる。
抱っこしていれば歩きたがり、ベビーカーに乗せれば大声を出して暴れ、
歩かせればDVDの棚の間を走り回る始末…

何度も借りる事を断念して帰ってきた。

そんな時にふと目にとまったCM。

♪ネットで借りて♪
   ♪自宅に届き♪
      ♪ポストへ返却?♪

「TSUTAYA DISCAS」のCMだ。
かなり前から気になっていた。
延滞料金も無料だというけど、どうなってんの?

なんて思いながら調べてみると、現在1ヶ月間無料キャンペーン中だった。
「今なら1ヶ月8枚まで無料!」
などという文句にまんまとひっかっかり、思わず入会した。
1974円/月8枚(このプランが今回一ヶ月間無料)
なので、一枚あたり約247円だ。
近所のTSUTAYAで借りるより安い。
月に8枚も観るだろうか?と思ったが、
このお試し無料キャンペーンで様子をみればいいかな?と思っている。

先週、6日の金曜日にネットで申込み、土曜日にDVDが2枚届いた。

この2枚を、送られてきた封筒へ入れて返却し、
TSUTAYA DISCASで返却が確認されたら
次の予約しているDVDが郵送されるというシステムらしい。

お店と違ってチビ寅に邪魔をされる事もなく映画を選べるし、
TSUTAYA独自の評価が☆の数で評価されているので
作品を選ぶのにもすごく便利だ。

私の映画の好みはTSUTAYAのジャンルで言えば、
洋画のヒューマン系かシリアス系の映画だ。
英語ではない外国語の映画も好きなので、
裏のストーリーを読んで借りてくると、当たり外れがかなりある。

今回借りたDVDは
「リトル・ミス・サンシャイン」
「奇跡のシンフォニー」
二枚ともまだ観ていないので、今夜あたり観ようと思っている。

TSUTAYA DISCAの登録にはクレジットカードの登録が必要なので
抵抗のある方にはお薦めはしない。
でも、私はすごく便利なシステムだと思っている。
興味のある方はこちらへどうぞ↓



為替ブログへ参加しています。こちらのクリックもよろしくお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ ← m( _ _ )m




テーマ : 日記    ジャンル : 日記

移動販売のピザ屋さん


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
今日は為替じゃないお話。

昨日、お天気が良かったので千葉ポートタワーの公園に家族3人で散歩に出かけた。

千葉県民なら、知らない人はいない程有名なこのタワー、
海岸というか、港近くに唐突にニョキっと建っている。
いったい何の為に建てられているのだろう?
私の中では未だに謎だ。

凧と千葉ポートタワー↓
tower
よ?く見ると、中央に凧が上がっているのがみえる。
のんびりしていて気持ち良かった。

駐車場に車を停めて、入り口へ向かうと移動販売車らしきものを発見。

私も寅吉も、屋台とか、移動販売とか、そういったものが大好きだ。
すかさずチビ寅そっちのけで確認に行った。

近づいてみると、どうやらピザ屋さんらしい。
pizza-1
車の周りにはテーブルが出せれており、
順番待ちのお客さんが何組か待っている。

食べているお客さんをチラ見すると、なんだかすごく美味しそうだ。
メニューを見ようと車へ近づくと、
お兄さんが一生懸命ピザ生地をのばしていた。

メニューも思ったより種類がある。
ふと、車の中へ目をやると…なんと!

車内には石釜があり、真っ赤になってマキが燃えている!
これが車の中↓
pizza-2
信じられない光景である。
車の中で火を焚いている!

あまりに感動したので、カプリチョーザSサイズを注文。
pizza-3
とても美味しく頂いた。

お兄さんに、写真を撮っても良いですか?
と聞いていたら、どこからか知らないおっちゃんが現れて、

オヤジ:「おいおい、俺が入ってないのに撮っっちゃうの?俺が前に立とうか?」

と、アピールしてきたが、丁重にお断りしてしまった。
もったいない事をした。
見知らぬおっちゃんと石釜ピザ屋さん、素晴らしいショットを撮り損ねてしまった。

色んな商売があるもんだなぁ。

でも、冬は良いけど、夏はキツイだろうなぁ。
頑張れ、ピザ屋さん!!


私も今週のトレードは頑張りたい。



励みになります、お帰りの前にクリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ ← m( _ _ )m

テーマ : 日記    ジャンル : 日記

ビアンカをみかけました。


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
まずは昨日のコツコツトレードの報告から。

《19日月曜のトレード》
-130円

昨日は深追いをしなかったのでこの程度で済んだ。
が、しかし!今日はヤバそうな予感だ。
ちょっと深追いしているかも…
メンタル、鍛えなければ!



?*?*?*?*?*?*?*?*?*?*?*?*?


話題を変えて…

チビ寅が生まれてから映画を見ていない。
映画どころかDVDもゆっくり見れなかった。

最近になって、少し余裕が出来てきたので
映画でも見たいなぁ…と、思う今日この頃。

最近、ネットの広告で見つけた映画がちょっと気になった。
私はこの手の映画が結構好きだ。
でも、映画館へは行けそうにないのでDVDが出たら借りてみたい。

タイトルは「ラースと、その彼女」
ストーリーは、純粋でシャイな男性主人公ラースが
等身大の人形ビアンカに恋をするというお話だ。




等身大の人形をリアルドールと言うらしい。

リアルドールを恋人として扱うなんてありえない!などと思うかもしれないが、
私は以前、近所のスーパーの駐車場で恐ろしいものを見た。

スーパーの駐車場で一台の車の脇を通った時のこと。
通り過ぎた後に何となく違和感を感じて振り返った。

すると、運転手不在の車の助手席には小柄な女性が座っていた。
背筋をピンと伸ばし、ポニーテールに白いTシャツを着た女性が
シートベルトをキチンと締めて無表情で前を向いていた。
両手は90度に曲がったまま動かない。
明らかに不自然だ。

私は思わず周りを伺い、運転手らしき人がいない事を確かめて車に近寄った。

そうっと中を覗き込むと、ポニーテールの小柄な女性は、人形だった。
リカちゃん人形を大きくした感じのステキなリアルドールだった。

見た瞬間、この人形は愛されている!と、感じた。
何故なら、薄っすらと化粧をされ、Tシャツの下にはきちんと下着も着用し、
ドリンクホルダーには彼女用の飲み物が置かれていた。
物凄く汚い車内にも関わらず、リカちゃんの周りは小奇麗だった。

とても不気味だったが、このリカちゃん人形の彼を人目見たくなった私は、
自分の車に乗り込み、イサムくんを今か今かと待ってみた。
(ちなみに、イサムくんはリカちゃんの歴代3人目の恋人の名前。
 現在はレンくんと付き合っているらしい。)

しかし、残念な事にイサムくんは現れなかった。
世の中には理解出来ない恋愛ってあるんだなぁ…


お帰りの前によろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ ← m( _ _ )m

四半世紀前のおみやげ


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
先週末に寅吉の父がチビ寅に三輪車を買ってくれたというので
いそいそと引き取りにいってきた。

寅父が半日かけて組み立てた三輪車はとても立派だった。
ブルーを基調にしたカラーでスイッチを入れると音楽が鳴り、
正面にはミッキーマウスが付いていて、
背中には大人が押す為の長い取っ手もついている。

ふと、カゴの中を覗くと、何かが積んであった。
「何だろう?」と、思っていると寅母が言った。

寅母:「これね、チビ寅ちゃんにおみやげ。」

梅:「おみやげ?」

寅母:「そう、中国のね、お土産なの。」

梅:「中国へ行ったんですか?」

寅母:「ふふふ、25年前にね。」

梅:「に、にじゅうごねんまえ?」←古るっ

後ろで寅吉が肩を揺らして笑っている。

寅母:「そう、本当は寅吉に買ってきたんだけど、そのまま残ってたからチビ寅ちゃんに。」

梅:「へっ?寅吉に?コレを?」

寅母:「ふふふ、そう」←満面の笑み

古くなったビニール袋から25年前の寅吉宛の中国のお土産が新品のまま顔を出した。
そのお土産がコレ↓
panda

25年前と言えば、寅吉は中学生である。
コレを斜め掛けにして歩く男子中学生…素敵すぎっ

寅吉:「中学生の俺に、オヤジが自信満々に”どうだ?すげぇだろ”って感じでくれたんだよ。」

梅:「ぷぷぷぷぷっ。」

さすが、寅父である。

ああ…もう少し早くこのパンダポシェットが見つかっていたら良かったのに!
北京オリンピックの観戦の時に首から下げていたら、
中国ムード満点だったかも♪





ランキングに参加しております。お帰りの前によろしければクリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ ← m( _ _ )m




女も30を過ぎると…


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
今日は飲んでいるので気分良く、こんな時間に更新だ。

今日はオーバー30の女9人で忘年会だった。
ちょっと豪勢にフグをつまみにヒレ酒を少々(?)いただいてきた。

以前の記事にも書いたかも知れないが…

女も30を過ぎるとストレスが知らず知らずに溜まるのか、
飲むと必ず誰かが泣く。
そして連鎖反応で1人、また1人と笑いながら泣く。

なんなんだ?あの光景。

しかも、飲んでいない女まで泣く…
飲んでいないのに泣くって?
酒の席というものは、何か魔物が潜んでいるのだろうか?

前にこのメンバーで飲んだ時は、全員が泣いた。
で、その後笑い出す。

情緒不安定?

みんなで泣いているのにその場は明るい。
異常に明るい…

寅吉は、
「泣くなんてオバサンの証だ」と言う。

確かに、20代の頃は泣かなかったなぁ。
女だけで集まってるから、箍が外れるのかなぁ?
いやいや、20代の頃は女だけで飲んでいても泣く事は無かったぞ。

更に寅吉は言う、
「女だけで騒がしく泣いてるなんておっかねぇ。」

確かにね。

でも、色々あるんだよね?
年を取ると素直に泣ける場所ってそうそうないし。

オーバー30の女性のみなさん、
飲んでる席で泣いた事はありますか?



お帰りの前にクリックしていただけたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ ← m( _ _ )m


テーマ : 日記    ジャンル : ブログ

母よ、騙されないでおくれ(続編)


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
昨日はクリスマスで相場はまったく値動きがなく、
気が付いた時には取引時間も間近になっていたのでトレードはしなかった。

なので、為替とは違うお話を…


1ヵ月程前、実家の母が催眠商法のプレハブ小屋に
足繁く通っていると記事にした。(詳細は→こちら

私や姉の心配をよそに、現在も意気揚々とプレハブ小屋に通っているらしい。

姉の話によると、そのプレハブ小屋周辺の市町村では大変な事になっているらしい。
前回記事を書いた頃には、みんな警戒しながらそのプレハブ小屋に通っていた。
それが現在では、先を争うように年寄り達が品物を買い求めているという。

幸いな事に、私の母は資金がないので高額商品には手をだしていないようだ。
しかし、小額のモノ(\1000くらい)は買ってしまっている。

驚いた事に、村でも倹約家で有名な人が次々と購入しているという。
金額も驚いた事に100万円単位だ。

私の母と一緒に通っている隣のおばあちゃんは
●布団→30万円
●磁気ベルト→15万円
●健康サプリメント→6万円
を購入したと言う。

「えっ?あの倹約家のおばあちゃんが?」と、驚いてしまう。

姉が言うには、年寄り達は、息子や娘に止められているので
隠れてプレハブ小屋へ行くのだそうだ。

ネットで調べると、話術がすごく、みんな騙された気にならないのだという。
とても年寄り達を丁寧に扱い、言葉巧みに付け入るので
年寄り達は営業マンを自分の子供や孫のような目でみてしまうのだとか。
「この孫の為に少々高くても買ってあげよう」みたいな気持ちにさせるのだとか…

この話はまんざら嘘でもないようで、
母の話では村のあるおばあちゃんは、
「みんなが行かなくなったら(営業マンの)○○さんが可哀想だ。」
と言い、行かないと言った友達おばあちゃんに
「あそこに行かないんだったら、縁を切る。」
とまで言ったそうだ。

今まで平和だった村はそのプレハブ小屋を巡り波乱が起きている。

そんな危ないプレハブ小屋に通う母に、私は強く行くなと言おうと思っていた。

そう思っていた矢先に母から宅急便が届いた。
荷物の中にはタクアンや、野菜などの間に一本のワインが入っていた。

そのワインの袋には「いいものまっすぐ」と書いてある。

これは例の催眠商法の会社のキャッチコピーだ。

私の実家では酒豪の父が亡くなってからお酒を飲む人はいない。
買ったのか、貰ったのか?

ついでがあったので、さっき、母に電話をした。
またプレハブ小屋の事を楽しそうに話している。

梅:「あのワイン、買ったの?」

母:「貰ったんだよ。でも、あのワインを貰うには5回通わなくてはいけないから苦労したんだよ。」

梅:「ええっ!5回も行ったの?」

母:「美味しかった?」

梅:「まだ飲んでないけど。」

母はお酒好きの私と寅吉に飲ませようと手に入れたに違いない。
そう思うと切なくなった。
そして、強く行くなと言おうと思っていた意気込みが薄れた。

やんわりと「もう行っちゃだめだよ。」と言って電話を切った。
今日からプレハブ小屋も正月休みに入ったらしい。
年明け早々、騙されない事を願うばかりだ。


よろしければクリックをおねがいします。
ブログランキング・にほんブログ村へ ← m( _ _ )m

テーマ : 日記    ジャンル : ブログ

サンタから証拠金のプレゼント?


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
昨日に引き続き、今日は輪を掛けて相場は動かず…

昨晩は言わずもがなクリスマスイブだった。
夫婦舟家でもクリスチャンじゃ無いくせに、世間の流れに身を任せてみた。

いつもより心と気合を込めて豪華ディナー(?)を作り、
平日はめったに三人で食べれない夕飯を家族揃って食べた。

チビ寅はまだ1才と4ヵ月なので、サンタが居るとか居ないとかは全く解っていない。
だが、せっかくのクリスマスだからと寅吉はおもちゃを買って帰ってきた。
案の定、チビ寅はおもちゃ本体よりも梱包箱に夢中。
来年はサンタが何かわかるだろうか?まだ無理かな?楽しみだ。


そんな事を思いながら眠りにつき、朝起きると枕元に一枚の封筒が置かれてあった。

表書きには「サンタだけど」と書いてある。←お梅さんへって書いてないけど私宛か?

中を開けてみると、一枚の紙が入っている。

☆ステキな☆《いいもの買えちゃう券》
   キラキラ \20,000円券 キラキラ

とボールペンで書かれてある。←ついでになぜか猫の絵も

紙の裏には「ゼニはダンナに渡してアル。」←カタコトの日本語?フィンランド人?

おおおお???っ!
どうやら私にもサンタが来たらしい♪
って、いつの間に?

朝食の支度をしながら色々と考えた。

「ステキないいもの2万円かぁ…♪」

が、しかし、あまりにも欲しいものがありすぎる。
色々考えを巡らしていると、寅吉が起きてきた。
とりあえず、サンタにお礼の伝言をお願いした。

梅:「欲しいものがあり過ぎるんだよねぇ…何でもいいんだよねぇ?」

寅:「いいんじゃん?」

梅:「う?ん…」

考えながら寅吉の顔を見ていたら「ハッ!」とひらめいた!

梅:「わかった!これを資金に増やせばいいんだ!」

寅:「やめたほうがいいんじゃね?」

梅:「あ、やっぱり?」


さっきもじっくり考えてみたが…
やはり証拠金に当てるのはちょっと無謀かな?
結局、欲しいものは何も買えず…なんて可能性の方がかなり高い。
せっかくのプレゼント、ゆっくりじっくり考えよう♪


よろしかったらお帰りの前にクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 為替ブログへ ← m( _ _ )m

クリスマス会


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
土曜日に、キャンプ仲間のTさん宅のクリスマス会へ行って来た。

Tさんはご夫婦で食べる事が趣味(?)なので
心づくしのお酒&手料理でもてなしてくれる。
昨日のメニューは、なんと27品!
デザート以外はお酒に合う美味しいご馳走だ。

酒飲みの周りには酒飲みが集うもので、
毎年ワイン、シャンパンの空き瓶を半端じゃない数放出してしまう。

毎年恒例で行われるクリスマス会、参加者が一風変わっている。
Tさんご夫婦はそれぞれブログを持っていて、
参加者はそのブログで知り合ったブログ仲間も数人含まれる。

夫婦舟家やテニス仲間、旅仲間が大半を占めるので
オフ会という訳でもない。

Tさんご夫婦のブログは、食べる事が好きなので基本的にグルメが中心。
集まってくる方々も、お料理好き、酒好き、グルメ大好きの人ばかりだ。
昨日の参加者は総勢17人、その内ブログ仲間が5人だった。

私が既にお会いしているブログ仲間は3人、
初対面のブログ仲間の方が二人だった。

ブログ仲間と言っても私ではなく、Tさんご夫婦のブログ仲間だ。
私は失礼な事にTさんご夫婦のブログへはあまりお邪魔しないので
ニックネームと本名が交錯し、何がどうなっているのかハチャメチャになりながらも
楽しい時間を過させてもらった。

人のブログ仲間にお会いすると言うのも奇妙なものだ。
共通がグルメという事もあり、年齢、性別、職業も様々でおもしろい。

Aさん→建築設計士さん♀
Bさん→外人さんと離婚したばかりの神秘的なお嬢様♀
Cさん→アパレル関係の社長婦人♀
Dさん→3日前にベルギーから三年の任務を終え帰国したばかりのサラリーマン♂
Eさん→都内某病院の心臓内科医♀

こんな感じの方々である。

そして、お料理が出てくると一斉に箸が出てくるのではなく、
デジカメがお皿を囲む。
数えてみると、なんと7台!
しかも三脚まで付いていたりして…

グラスを片手につまみを待ち構えてる私としては歯がゆくてならない。

そして、誰ともなくつぶやく。
「光の加減がイマイチだなぁ…」

って、そこ?

やはりグルメブログには、グルメブログのカラーがあるんだろうなぁ…と、傍観。

FXブログのオフ会ってどうなんだろう?と何となく思った。

やはりFX談義に熱くなり、周りからみた奇妙なんだろうな。
熱さ加減はグルメなんか目じゃないって感じがするし。
FX談義に花を咲かせてみたいと思うお梅であった。

よろしければ、お帰りの前にクリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ ← m( _ _ )m
テーマ : 日記    ジャンル : ブログ

ストーカー事件(後編)


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
まずは、昨日のトレード結果から…

昨日は初めてポンド円をトレードしてみた。
思いっきり底でショートし、ストップに引っかかった(泣)

《昨日のトレード》
1勝2敗 +46pips

獲得pipsはプラスだが、金額にしたらマイナスだ…
慣れない事はしないに限るとまた1つ利口になった気がする。


???????????


さて、ここからは昨日のイガワちゃんのストーカー事件の続編である。
前編を読んでいない方はこの先を読む前に昨日の記事をどうぞ。(→こちら


イガワちゃんの部屋の押入れから男が出てきたと
助けを求められた私と先輩はイガワちゃんの部屋へ向かった。

先輩:「どうしたの?」

イガワ:「帰ってきて、電気をつけたら、突然知らない男の人が押入れから出てきたの。」

恐る恐るイガワちゃんの部屋へ入ると、
同じ年齢くらいのパッとしない男が無表情で立っていた。

危害を加えそうには見えなかったが、
こんな男が押入れから出てきたなんて…と思うと
恐怖と疑問で頭の中がいっぱいになった。

イガワちゃんは完全に怯えている。
私はしっかりしなきゃ、と自分に言い聞かせるがどうして良いか解らない。
すると、先輩が口を開いた。(←さすが先輩!この先輩はしっかり者で有名だった。)

先輩:「あなた、いったいここで何をしてるんですかっ!」

男:「…」

先輩:「あなた、不法侵入ですよ。警察を呼びますから、いいですね?」

男:「…」

先輩:「イガワちゃん、警察に電話して。」

イガワちゃんはパニック状態の中、警察に電話をした。
110番をすると、そこの住所、名前、年齢、職業を聞かれ、
電話をした理由を求められ、一旦電話を切られた。
再度警察の方から電話が掛かってきて、一回目と全く同じ事をイガワちゃんは答えた。

電話をした理由を詳しく聞かれたようで、何時ごろ、何処から男が出てきたかを答えていた。
警察の方で、「面識はありますか?」と問われたのだろう。
さっきは知らない人だと言っていたイガワちゃんだが、

「大学の同じサークルで一緒だった人です。」

と、本当の事を答えた。

私は思わずイガワちゃんを2度見した。
「ええ??っ?知り合い????」
と心の中で呟きながら男とイガワちゃんを交互に見た。

イガワちゃんが警察との電話を切った後、先輩が男に詰め寄った。
(↑顔見知りの男と聞き、先輩も強気になったんだと思われる)

先輩:「あなた、いったい自分が何をしたかわかってるの?」

男:「だって、仕方なかったんだ。」

イガワ:「…」

先輩:「仕方ないはずないじゃない!こんな事して!」

男:「仕方なかったんだ!電話も出てくれない、手紙を書いても全て戻ってくる!
   会いに来ても無視をされ、話も聞いてくれないじゃないか!」

イガワ:「やめてっ!」

男:「俺の気持ちは全てそこに書いてあるから、後で読んでくれ。」

その男の目線を辿ると、テーブルの上に置かれた新聞広告の裏(新聞紙の一面の大きさ)に
新聞の活字よりも小さい字で、隙間なくギッシリと思いの丈が綴られていた。

私も先輩もその文字の小ささと多さにギョッとした。
当の本人のイガワちゃんは、

「ぎゃ?????っっっ!!」

と発狂寸前の形相でその新聞広告(ラブレター?)を

「読まない!絶対に読まないっ!!」

と言いながら、ビリビリに破った。(←ひぃ??!マジ?と、思わずお梅が呟く)

そのイガワちゃんの態度を見て、
私は、イガワちゃんはこの男の事がよっぽど嫌いなんだと確信した。

見ているだけの私の隣で先輩が更に男に詰め寄る。

先輩:「あなた、人の家に勝手に入ってきて、何をやってるの!
    自分が何をしているかわかってるの?」

男:「俺は、もう全てを捨ててここに来たんだ。仕事も、社会的地位も、全てさ…
   もうどうなってもいいんだ、好きなようにしてくれ…」

男は目が完全に据わっている。声も態度も覇気がない。

イガワ:「やめてぇ???っっっ!!」

本当に発狂寸前だ。
そんなイガワちゃんを先輩は優しく抱きかかえていた。

先輩:「あなた、何時からここにいるの?」

男:「朝の8時半頃からかな?」

イガワ:「ギャ???っっっ!!!!」

イガワちゃんの絶叫は止まらない。
さすがの私も朝から一日中ココで何してたんだよ?と思うと、
気持ち悪さで叫びたくなった。

そうこうしている内に警察官二人が到着した。
警察官は男の住所と名前を尋ね、不法侵入で連行すると宣言し、身柄を拘束した。

警察官:「何処から、どうやって進入したんだ。」

男:「ベランダ越しによじ登り、キッチンのドアを破って侵入しました。」

イガワちゃんがキッチンに走って見に行く。
警察官も後に続き、私もついでに見に行った。
イガワちゃんはまたも絶叫。
破られたガラスドアの破片はガムテープで綺麗に補修されていた。

警察:「ココを破って鍵を開けたんだな。このガムテープは何だ?」

男:「直しました。」

警察:「ガムテープはどうしたんだ。」

男:「部屋にあったものを使いました。」

イガワ:「イヤ???っっ!!」(←警察官がいたから声は小さかった)

男は、イガワちゃんがいない間に部屋の中を物色したに違いない。
私も、嫌いな男にこんな事されたら気が狂うほどイヤだろうなぁ…と思い、イガワちゃんに同情した。

男は警察に連行された。
精神状態が不安定なイガワちゃんは先輩(イガワちゃんと同じ職場)に任せ、
私は部屋に戻った。

私も部屋に戻ったは良いが、興奮状態であまり良く眠れなかった。
そういえば、この事件が起きる前に何度か予兆があった。

数週間前に4階に住む友達が変な事を言っていた。
早朝のベランダに男の人がいたと言うのだ。
その友達は超天然だったので、それを聞いたみんなは
「寝ぼけていたんじゃないの?」と、聞く耳を持たなかった。

その同じ頃、向かいの棟に住む管理人さんから電話が来た時もあった。

管理人:「あ、お梅さん?今ね、あなたの玄関の前に怪しい男がウロウロしているから
      絶対に玄関のドアを開けてはダメよ。気をつけてね!
      こっちでも見張ってるけど…。
      最近、その棟のあたりに変な男がウロついてるみたいだから気をつけてね。」

という電話だった。
きっと、目撃されたどの男もイガワちゃんのサークル仲間だったに違いない。

私は、人間って想いあまるととんでもない事しでかすんだなぁ、怖いなぁ…
と、つくづく思った記憶がある。
ストーカーなどという言葉がなかったから、
変態と呼んでいたが、あれは正にストーカーだ。

長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

みなさんも、ストーカーにはくれぐれも気をつけて!
そして、クリックもよろしくお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ ← m( _ _ )m

テーマ : 日記    ジャンル : ブログ

昨日のトレード結果、ついでにストーカー事件を語る


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
まずは、今月に入ってからまだトレードの成績を報告していないので
ここ3日間の成績報告を…

《1日》
0勝1敗 -15pips

《2日》
0勝3敗 -117pips

《3日》
2勝3敗 +14pips

あ???う???散々である。
今月の出だしがこれでは先が思いやられる…
それなのに、あまり負けていると言う意識がない。
ヤバイ…
気を引き締めて行こうと思っている。

緊張感、緊張感、きんちょうかん、キンチョウカン…


???????????


昨日のニュースで裁判官のストーカー事件が多く報道されていた。
世の中、年齢、職業に関係なく変な人が増えているのだろうか?

「ストーカー」と聞いて、思い出す出来事がある。
またまた昔話になってしまうが、
私が22歳くらいの爽やかな年齢だった頃の話である。
(今も爽やかなアラフォーですが)

その頃はまだ携帯もストーカーという言葉もなかった。
私が「ストーカーをした」とか、「ストーカー被害にあった」という話ではない。
大雑把に言うと、「ストーカーを見た」が正しいかなぁ?

当時私は会社の女子寮に入っていた。
私の周りには地方出身者が多かったので、
女子寮や1人暮らしをしている友達が多かった。

今みたいにセキュリティが整っている所は少なく、
女子寮の自分の部屋に居ながら、変態に出くわす事件を結構耳にした。

◎証言1(お梅の実姉)
寝ていたらお尻がモゾモゾするから目を開けると、
知らない男性が体育座りをしてお尻を撫でていた。←蹴っ飛ばしたら入り口から逃げた

◎証言2(友達A)
会社をサボって昼寝をしていて、ふと目を開けたら
知らない男性が仁王立ちしていた。←誰ですか?と訪ねたら窓から逃げた

◎証言3(友達B)
夜に部屋でくつろいでいると、玄関ドアの郵便受けの蓋が開き、
ドアの向こうの人と目があった。←ガムテープで封印

まぁ、みんな笑いながら話しているので深刻な被害ではなかった様である。

さて、その私が見たストーカーとは…
同じ会社の同期入社のイガワちゃん(仮名)に付きまとっていたストーカーだ。

私とイガワちゃんは会社の女子寮に住んでいた。
女子寮といっても公団住宅のような作りの2DKで
曲がり階段の踊り場毎にそれぞれの玄関が向かいあっていた。
私が2階、イガワちゃんは真上の3階に住んでいた。

ある日、会社から帰り、くつろいでいると、
イガワちゃんも帰宅し、鍵を開ける音がした。
ボロい建物だったので、音は筒抜けだった。
2?3分くらい経った後、押入れあたりから物凄い音が聞こえた。
その音が止んだと同時に
「キャ?????!!!」
というイガワちゃんの悲鳴が響いた。

「えっ?」
と、思い、不思議に思った私は自分の玄関の扉を開けて3階を覗いた。
同じ様に思った私の向かいに住んでいた先輩も部屋から出てきた。

梅:「今、悲鳴が聞こえましたよね?」

先輩:「うん、どこからかな?」

梅:「多分、イガワちゃんだと思います。」

二人でじっと3階を見つめていると、

ドタドタドタっっっ?!!!

という足音と共にイガワちゃんの玄関の扉が勢い良く開いた。

「誰か!誰か来て????!!!」

と言う、イガワちゃんの声が叫んだ。
先輩と顔を見合わせていると、イガワちゃんが物凄い形相で階段を降りて来た。
私達を見るなり、叫んだ。

イガワ:「助けて!来て?!」

梅&先輩:「どうしたのっ?」

イガワ:「お、押入れから男の人が出てきたのぉぉぉ?っ!あ゙??っ…!」

私達は恐る恐るイガワちゃんの部屋へ行った。



???????????

長くなったので、続きは続編で…



イガワちゃんのストーカーがどうなったか気になる方、是非クリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ ← m( _ _ )m


母よ、騙されないでおくれ


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
昨日からの円高は凄まじかった。
これでもか、これでもか、と言う感じで振り落とすように
ちょっと上げては下げ、ちょっと上げては下げ、結局93円台まで行った。

見事にその振り落としに引っかかり、一時は-120pipsまで行ったが、
今朝起きたら夜に仕込んだ米ドルショートが利確されていた。

《昨日のトレード》
1勝4敗 -7pips

今日は金曜日。
ポジションを持ち越さないように気を付けたい。

?????????????

急に冷え込み、実家のある新潟は天気予報で雪になっていたので、
お昼頃に実家へ電話したら母が電話口に出た。
昨日は初雪だったそうだ。
例年より5日早いとか…

すると、なんだか興奮気味の母が言った。
<注>方言をまじえてお伝えします。

母:「これからやぁ、さへんばあちゃんときゅうぞんばあちゃんと
   おもしいとこにいってくらんだっやぁ。」
  (訳→これから、佐兵衛(屋号)のおばあちゃんと久蔵(屋号)
   のおばあちゃんと面白い所に行ってくるんだよ)


梅:「へぇ…、何?温泉か何か?」

母:「ちがうっや、隣町にこのあいだできたがん。おまえしらねえけぇ?
   インターネットにでてるっていってたども。おもしいとこんがんだんや。
   いくとや、いろいろもらえらんどぉ。」
  (訳→違うよ、隣町にこの間出来たんだよ。お前知らない?
   インターネットに出ているって言ってたよ。面白い所なんだよ。
   行くと色々と物が貰えるんだよ。)


梅:「何それ?怪しくない?悪徳商法じゃないの?」

母:「いや、そっげでもねえぞ。行けばおもしいしやぁ。いっぺえくれらんどぉ。」
  (訳→ううん、そんな感じじゃないよ。行けば楽しいし。沢山ものをくれるんだよ。)

梅:「益々あやしいじゃん!タダより高いものはないんだよ。絶対に悪徳商品だよ。」

母:「そっげんかんじでもねえぞ。なんも買ってくれなんていわねえし。」
  (訳→そんな感じでもないよ。何も買ってくれなんて言わないし。)

梅:「最後に絶対に買ってくれっていうよ!行かない方がいいよ。」

母:「あれぇ、もう5日もかよってらんど。いっぺもらったっやぁ。」
   (訳→あら、もう5日も行ってるんだよ。沢山もらったんだよ。)

梅:「ええ??もう5日も行ってるの?ちょっと、やめた方がいいよ。
   そろそろ何か売りつけられるよ。」

母:「今日と明日でもういかねっやぁ。あしたは有明海の海苔2缶くれらんどぉ。」
  (訳→今日と明日行ったらもう行かないよ。明日は有明海の海苔を2缶くれるんだよ。)

梅:「ええ?有明海苔?そんな目玉商品告知するなんて、明日絶対に買わされるよ。」

母:「かわね、かわね、あしたのりもらったらいかねっや。」
  (訳→買わない、買わない、明日海苔を貰ったらもう行かないから。)

梅:「買わないつもりでもね、人が買ったら欲しくなるし、見栄も張りたくて買っちゃうんだよ。
   絶対に行かない方が良いよ。」

母:「あっ、もういかねんばならねんなんがきるっや。」
  (訳→あっ、もう行かなきゃ行けないから切るね)

梅:「絶対に買っちゃダメだよ!」

母:「はいはい!」

どうやら、プレハブ小屋に年寄りを沢山呼んで
催眠商法を行っている怪しい会社にハマってしまったらしい。
先程、実家で母と一緒に暮らしている姉に確認したら、
5日前ではなく、もっと前から通いつめているらしい。
姉が散々「行くな」と忠告しても毎日行って色んな物を貰ってきていると困り果てていた。

ネットで調べたが、確実に怪しい。
巧みな話術で年寄りたちを虜にするらしい。
セミナーなどと言って、暇な年寄りの心をわしづかみにし、
高額商品を売りつけるようだ。

大丈夫だろうか?
高額な布団を買わされ、安眠どころか夜も眠れなくなるのでは?

明日また電話して説得しようと思う…




よろしければ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ ← m( _ _ )m

インフルエンザ予防接種の副作用?


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
昨日は一日病院のハシゴをしていて、チャートも口座も見ることが出来なかった。

一昨日、月曜日にチビ寅のインフルエンザの予防接種へ行ってきた。
昨日の朝、チビ寅と遊んでいた寅吉が、慌てた声で叫んだ。

寅:「おいっ!なんだよ、コレ!チビ寅おかしいぞ!」

梅:「え?何が?」

チビ寅の左手の指の間から甲にかけて
ギッシリと紫色の細かい斑点が浮かびあがっていた。
斑点は左手に集中しており、右手にも少しあったが目立たなく、
他の身体の部位には見受けられなかった。

慌ててインフルエンザ予防接種を受けた個人病院へ連れて行った。

梅:「昨日寝る前にはなかったのですが、朝起きるとこんな風になっていて…」
   
チビ寅の手を見た先生は一瞬、ギョッとした。

先生A:「左手だけかな?なんだろう?」

梅:「昨日のインフルエンザの予防接種のせいかな?と、思ったのですが…」

先生A:「インフルエンザの予防接種でこんな風にならないよ!左手だけ?
    さぁ?何だろうね?インフルエンザの注射ではこんな風にならないよっ!
    はじめて見たよ、何?これ?」

梅:「いや、わからないから連れて来たんですけど…」

先生A:「だって、注射したのは右手でしょ?だったら余計に関係ないよ!
    こっちのせきに…」

先生Aは、「責任」という言葉を口にしようとして、飲み込んだ。

先生A:「かゆみはあるのかな?」

梅:「かゆそうにはしていないのですが…」

先生A:「そう、じゃ、放っておけば治るよ、痒そうだったくすりでもつければいいんじゃない?」

私は、先生Aの「私のせいじゃない」という雰囲気に圧倒されながら、
納得はいかなかったものの、病院を出た。
最後の言葉も、診療も誠意のある感じは全く持ってみうけられなかった。

寅吉も一緒についていってくれていたので、診察室での一部始終を話すと
他の病院で見てもらおうという事になった。
以前私がお世話になった個人医院が通り道にあったので、寄った。

梅:「あの、今朝起きたら、こんな風になっていて…。」

この先生Bもチビ寅の手を見てギョッとした。

先生B:「えっ?どうしたの?何かあったの?え??」

先生Bの顔からも普通じゃなさそうな雰囲気が伝わってきた。

梅:「実は、昨日、他のところでインフルエンザの予防接種をしたんです。」

と、告げた瞬間、先生Bは大きくうなずいた。

先生B:「インフルエンザの予防接種の副作用に間違いないね。」

梅:「でも、そこの先生には予防接種は関係ないって言われたんです。」

先生B:「あぁ、そう…。でもこれはその副作用しか考えられないよ。
     その先生をかばう訳じゃないけど、これは個人個人合う合わないがあるから。
     早急に血液検査をした方がいいね。
     ここのような個人病院では血液を採っても直ぐに検査に回せないので、
     大きい病院で血液検査をしましょう。
     この血液検査は時間が経つと意味がないんだよ、
     ○○○病院で出来るように手配するから。」

と、その場で近くの総合病院へ連絡をとってくれ、紹介状をかいてくれた。

そして、その足で総合病院へ。
話は通っていて、診療時間がだったにも関わらず、スムーズに診療、採決してもらった。
総合病院の先生は結局インフルエンザ予防接種の副作用だとは言わず、
採血の結果が「異常なし」という事で様子を見ることになった。
念のためにと夜中に何かあったらと採血のデータをもらった。

今朝起きたらチビ寅の斑点は和らぎ、回復に向かっている様子だ。
念のためにと今日、総合病院の小児科の先生が皮膚科の診療予約をとってくれたので
これからまた病院へ行かなければならない。

昨日、ネットでインフルエンザ予防接種の副作用について調べてみた。
どうやら「アレルギー性紫斑病」というもののように思う。
軽い症状の場合は安静にしていれば回復するらしい。
じっさい、紫斑は回復しているので大丈夫だと思う。

それにしても、かかりつけにしていた病院の先生Aの態度に悲しくなった。
文句を言いたくて、診察に言ったのではないのに…
最近、婦人科や内科、小児科の医療現場は
厳しい事になっていると連日報道されている。
私自身、昨年婦人科の病気で手術入院し、
先生方やスタッフの方々のご苦労は大変なものだと痛感した。
予防接種のリスクを理解していないわけではないし、
ただ、理由が知りたかった、そして症状の回復に務めて欲しかっただけなのに…

そろそろ時間なので、言ってきます?。

昨日、用意してあった記事もアップできなかったので一緒にアップします。
応援クリックをよろしくお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ ← m( _ _ )m




テーマ : 日記    ジャンル : ブログ

女の本能?


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
まず、昨日の成績報告から。

一昨日仕込んだ米ドルショートがリミットで約定し、
+87pipsと好調だったが、
欲を出し、0.2枚更にポジって失敗。

1勝1敗 +19pips

でも、プラスで終わったので良しとすることにした。


????????????????

で、今日の記事のタイトルのお話。

先日、テレビでおもしろい事を言っていた。

「女性が男性を選ぶ時、匂いで判断している」

そうである。
これには生物学的根拠(?)があるのだそうだ。

人間は白血球の中に「LHA」という血液型を持っている。
「LHA」は100以上の抗原の組み合わせから成るもので、
人は6個の抗原をもっているそうだ。

骨髄移植でドナーを探す時に調べるのが、この「LHA」の6個の抗原の合致である。

抗原は病気に打ち勝つ働きがあり、6個の抗原がすべて違う方が
それぞれの免疫を有効に発揮できる事になる。

その「LHA」の判別を女性は匂いで判断しているのだという研究発表があったのだそうだ。
自分に近い「LHA」を持つ男性の体臭を不快に感じるのだそうだ。
臭い人と恋愛に発展する事はあまりないと私の経験からも言える。
この「匂いで判別する能力」は女性しか持っていないのだとか。
より強い子孫を残すための、まさに、動物的本能である。

その6個の抗原は両親から遺伝される。
なので、異性である父親は娘と同じ抗原を最低でも3個持っている事になる。

番組では可哀想な実験をしていた。

お父さん大好きな年頃の娘(二十歳くらい)と、その父親との実験。
お父さんを混じえたおじ様5人が、2日間着用したTシャツの匂いを
年頃の娘が「不快」か、「不快ではない」か、嗅ぎ分けるという実験だ。

匂いを嗅ぐ役の娘さんも結構キツイ実験だ。
実験前の自己紹介では、娘が父親の腕に手をまわしたりして、
びっくりするくらい仲の良い親子だった。

実験結果は…
どちらの娘さんも父親の匂いはむせ返るほど嫌がった。

この実験からも解るように、大好きなお父さんの匂いでも本能が受け付けないらしい。

私は、以前上司だった小柳さんの言葉を思い出した。
いつもは明るい小柳さんが、忘年会の席でポツリと呟いた…

小柳:「家に帰ると大学生の娘が言うんだよ、お父さん臭い!って…」

私は小柳さんにも教えてあげたかった…。

年頃の娘が、「お父さん臭い!」などと言う様になったのは、
順調に成長しているんだ、と。

ちなみに私は寅吉の匂いが好きだ(笑)
きっと、動物的本能のしわざだと思う。


励みになります。応援クリック、お願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ ← m( _ _ )m

間違い電話


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
昨日、自宅の電話の留守電のランプが点滅しているのに気が付いた。
(気が付くのが遅すぎるが…)

我が家は家の電話は殆ど使わない。
使うとしたらFAXくらいで、家族や友人はそれぞれの携帯にかけて来る。

そんな家の電話に一番多くかかって来るのが間違い電話。
それも必ず「小出さん」宛てだ。
この電話番号を使うようになってから、7年も経つと言うのに
「小出さん」宛ての電話は月に1?2回はかかってくる。

留守電を再生すると、やはり知らない人からだった。

留守電メッセージ:「千葉の○○ですけど、昨晩、おじいちゃんが亡くなりました。
            お通夜は土曜日の7:00?、葬儀は日曜日です。
            千葉の斎場でやりますのでよろしくお願いします。」

って…
どうしたら良いのでしょう?
私には小出さんと連絡がとれません…
しかも、もう日程が過ぎている…

小出さん、おじいちゃんの葬儀に参列できたかな?心配だなぁ…



そういえば、家の電話ではなく、携帯にこんな間違い電話もあった。
それは、携帯を変えてしばらくした頃だった。
(ナンバーポータビリティではなかった時のお話し)

見知らぬ携帯番号から着信があった。
私は知らない番号には積極的に出ない方である。
用があるなら留守電に入れるだろうと放っておいた。

すると、一日に数件、その番号からの着信があった。
それでも無視をしていると、次の日に同じ番号の人から留守電が入っていた。

メッセージ:「俺、木村拓蔵(仮名)だけど、何で電話にでてくれないんだろう?
        一昨日、日本に帰ってきたんだよ。電話に出てくれないかな?」

私の番号を以前使っていた人の元カレだと、私は思った。
番号を使わなくなってから、かなり経たないと、
次にはまわさないと聞いた事があるが、
そんなに連絡をとっていなかったのだろうか?

私は勝手に想像が膨らんだ。

「かなり前に別れた男だな?」
「まぁ、良い声だけど、う?ん、歳は30代後半かなぁ?」
「日本に帰ってきたって…海外?それで別れちゃったの?」
「それにしても、今日で電話5件目だけど、しつこいなぁ」
「海外からは連絡取らなかったの?」
「女は、もう木村拓蔵とは会いたくないな、きっと。で、番号変えたな?」
「コレ、出ないと、木村拓蔵さん、もんもんと過しちゃうんじゃない?」

と、私なりに空想を楽しんだ。
すると、また木村拓蔵から電話がかかってきた。

「出てくれないかな?」

という、リクエストに応えて、電話に出てみた。(←おいおい、お梅にじゃねーよ)

お梅:「もしもし」

拓蔵:「あ、もしもし?(沈黙…)」

キャ???!恋人同士の再会みたい!(←アホかっ)

お梅:「あ、あのぉ、多分、あなたのお知り合いの方は電話変えられたみたいですよ。」

拓蔵:「えっ?(我に返る)この電話は工藤静子(仮名)さんでは?」

お梅:「違います。」

拓蔵:「あ、あの、一応電話番号確認させていただいてよろしいですか?(かなり焦っている)。」

お梅:「はい。」

拓蔵:「090-○○○○-○○○○?」

お梅:「はい、合っています。」

拓蔵:「も、申し訳ありませんっ!大変失礼しました。もう絶対にかけませんので!
    本当にもうしわけありません。
    あの、大変失礼ですが、もしよろしかったら、
    この番号をいつからお使いになられたか教えていただけないでしょうか?」

お梅:「半年くらいたつと思いますけど…」

拓蔵:「そうですか、本当に申し訳ありませんでした。もう、絶対にかけませんのでっ!」

「絶対に」という所を力強く強調していたのが印象的だった。
とても、紳士的な木村拓蔵さんだったが、とても恥ずかしそうだった。
結局工藤静子さんには会えたのだろうか?

女を何年も放ったらかしにしておいたら、待ってるはずないじゃん!


励みになります、クリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ ← m( _ _ )m

テーマ : 日記    ジャンル : ブログ

短気なんです。


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
前記事で、私は短気だと書いた。

FXの話ではないが、その部分に少し触れてみたい。

私は普段はとても穏やかである(自分ではそう思う)。
寅吉との喧嘩はかなりハードだが、
その他の人に対してはとても穏やかだと思っている。

が、そんな私も他人にキレた事が今までの人生で2回程ある。
1人は昔の同僚のバカ女…おっと、失礼、言葉が過ぎました、
常識が欠如した女性に、そしてもう1人はJRの駅員に。

今日はJRの駅員とのエピソードを書きたい。




アレはもう、10年も前の事になる。
かなり前の話でスミマセン。

私は会社の飲み会を終え、同僚と帰宅するべく最寄のJRの駅へ向かった。
きっぷを買った後、同僚が車で来ているので自宅まで送ってくれるという事になった。

きっぷ代はたった150円だったが、払い戻しをしてもらおうと、改札口の駅員室を訪ねた。

私は飲み会の帰りだったので、多少、酔っ払っていた。
が、そんなにひどく酔っ払っていたわけではない。

梅:「すみません、きっぷを払い戻したいんですけど。」

そういう私を見て、JRの駅員はニヤニヤした態度で、

駅員:「どうしたんですか?」

と、かなり横柄な態度で聞いてきた。

梅:「あ、あの、電車に乗ろうと思ったんですけど、乗らなくなったので払い戻ししたいんですけど。」

駅員:「乗らなくなった?間違って買ったんじゃなくて、乗らなくなったのね?」

梅:「はぁ、はい。」

駅員のニヤニヤはおさまるどころか、更にニヤニヤし、しかもものすごく横柄な態度で

駅員:「間違ってかった場合はしょうがないけど、
    乗らなくなった、お客さんの都合で止めた、そういう場合は手数料がかかるんですよ。」

梅:「はぁ、そうですか。」

駅員:「アナタが買ったきっぷは150円、手数料は210円だから、60円もらう事になるけど。」

この時、駅員のニヤニヤはピークになっていた。

駅員:「どうする?」

私は、ここで、キレたっ!

梅:「ああ?、そうっ!」

運の悪い事に、財布を開けたら小銭がない!
もう、ハラワタの煮えくり返っている私は、
1000円札を取り出し、駅員の前に黙って置いた。

すると、駅員のニヤニヤはなくなり、素の顔に急変した。

駅員:「あ、あの?」

梅:「60円、かかるんでしょ? おつり!!」

駅員は今度は引きつった顔で丁寧に言った。

駅員:「い、いえ、今のは冗談ですから。」

私は、態度を急変させた駅員に余計に腹を立てた。

梅:「は?冗談?あなた、さっき、手数料がかかるってはっきり言ったでしょ?
   きまりなんでしょ?小銭がないの、早く、おつり頂戴。」

駅員:「も、申し訳ございません。こちらの不手際ですので、こちらはお納めください。」

梅:「はぁ?はやく、おつり頂戴!」

駅員:「い、いえ、頂くわけにはいきません。」

ここで引き下がれば良いものを、ここからが私の悪い所なのだが…

梅:「じゃぁ、おつりはいいから、おつりは募金箱にでも入れておいて!」

と言って、1000円札を置いたまま改札口から遠ざかった。
慌てた駅員は、私と同僚を小走りで追いかけてきて、

駅員:「申し訳ございません、申し訳ございません。」

と、平謝り。
私は、最初に見たニヤニヤした横柄な態度と、
今目の前で必死に血相を変えて謝っている態度が
あまりにも違う事にまた腹を立てた。

だったら、最初からあんな態度を取らなければいいのに!

私も、もう興奮している。
駅員には一度も目もやらずに駅を出た。

大変だったのは同僚。
私は怒り出すは、駅員には渡して下さいと1000円を預けられるはで…
結局、1000円は、私はもう受け取る気になれないから、
申し訳ないけど、もらってくれと、同僚に渡した。

この私の態度、いけなかっただろうか?


励みになります、応援くりっくお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ ← m( _ _ )m

テーマ : 日記    ジャンル : ブログ

念願のマイホーム♪…しかし


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
これは、私の話ではなく、友達Aちゃんのお話。

昨年の丁度今頃、Aちゃん一家は念願のマイホームを建てた。
ご主人と現在3歳の男の子、まーくん(仮名)と三人家族。
新しく区画された分譲地を購入し、注文住宅という、夢のマイホームだ。
土地からすべてが新しい、一生に何度とない高価な買い物である。

梅:「引越しおわったんでしょ?どう?新居は?いいでしょ?!」

Aちゃん:「うん、まだ片付いてなくってね。」

梅:「まーくんも広くなって、やっぱり喜んでる?」

Aちゃん:「う?ん、それがさぁ、嫌がるんだよね。」

梅:「え? きっと、まだ自分の家っていう認識がないんじゃない?」

Aちゃん:「っていうかさ、変な事言うんだよ。
      なんか嫌だからあんまり触れないようにしてるんだけど…」

梅:「え?どういう事?」

Aちゃん:「保育園から帰る時に、まーくんが、
      ”ママ、前のお家に帰ろうよ”って言うから、
      ”まーくんのお家は新しいお家だよ”って言ったら、
      ”違うよ、あれはおじさんのお家だよ”って言うんだよね!」

梅:「ええっ!?…やっぱり、よその家だと思ってるんじゃないの?」

Aちゃん:「前からさ、時々変な事言うなって思ってたんだけどさ、
      嫌だから、気が付かない振りしてるんだけどさ…」

梅:「どういう事?」

Aちゃん:「誰もいないのに、まーくんがじっと何か見つめたりするんだよ。」

梅:「えええ?っ!」

Aちゃん:「この間なんかさ、パパがまだ帰ってなくてまーくんと二人っきりの時に、
      ”ママ、あのおじちゃんはいつ帰るの?”って言うんだよぉ?!!」

梅:「ええええええ?っ!」

Aちゃん:「嫌だから聞かなかった事にした。」

梅:「えっ?」 ↑そういう問題か?

何だか、新築のマイホームだし、突っ込むに突っ込めない雰囲気である。
その後、何度かまーくんの前におじちゃんは現れるものの、
Aちゃん夫婦の前には現れる事はなかった。
ちょっと前にAちゃんと飲んだ時に違う友達が、

友達:「そういえば、まーくんはその後おじちゃんを見るの?」

Aちゃん:「その話題には触れないでっ!」

と、おじちゃん捜索に禁止令が出た。

Aちゃんが、おじちゃんとすれ違ったりしない様に、心から祈っている。

にほんブログ村 為替ブログへ ← m( _ _ )m




テーマ : 日記    ジャンル : ブログ

空を飛ぶ夢


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
今日は土曜日なので為替と関係ない話題。
というか、土曜日に限らず、多いか…


何時だったか、友達と「空を飛ぶ夢」の話をしていた。

私が見る「空を飛ぶ夢」はいつも決まっている。
家の屋根よりも少し上の辺りで、平泳ぎでスーイスーイとゆったりと飛んでいる。
大概お天気は晴天で気持ち良くのんびりと泳いでいる。

それを聞いた友達が、

A子:「あぁ、私も、だいたいそんな感じ。」

B子:「私、空っていうか…飛んでるんだけど、低い所なんだよね…
    床から30センチくらいのギリギリの所でバタ足で…。」

C子:「ウソっ。私は屋根から屋根へギューンギューンってハイパワーでターンする感じだけど…。」

D子:「私はすっごい上、雲の上あたりで平泳ぎだよ。」

なんと、単純に「空を飛ぶ夢」と言っても色々あるものだ。
いつも自分を基準に考えてしまう私は、すごく驚いた。
帰ってから寅吉に聞いてみる。

梅:「ねぇ、ねぇ、空飛ぶ夢って見る?」

寅:「見るよ。」

梅:「どうやって飛ぶの?私は屋根のちょっと上辺りを平泳ぎ。」

寅:「ええっ?ありえねぇ。せっかく空飛んでるのに平泳ぎ?」

梅:「そうだよ、基本だよ。」

寅:「オレはメチャクチャ早いよ。足から噴射してるって感じでギューンギューンだよ。」

梅:「バカじゃない? どの辺飛んでんの?」

寅:「色々だよ。飛行機と同じくらいの時もあるし、ビルの間をぬって飛んだり、色々。
   スッげー楽しいよ。」

梅:「やっぱ、バカだ…そんな夢、怖くて疲れるよ。」

寅:「平泳ぎでずっと同じとこ飛んで楽しいの?」

梅:「あったりまえじゃ?ん!フワフワのんびりして気持ちいいよ?。」

寅:「うわー、絶対につまんねー、オレの夢の方がいいな、お梅のはありえねーよ。」

って、寅吉の夢もまた変わっていた。
みんな、どんな空飛ぶ夢をみているのだろう?

空を飛びたい!と言う方、くりっくをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ ← m( _ _ )m



テーマ : 日記    ジャンル : ブログ

チビ寅


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
昨日、チビ寅が1歳の誕生日を迎えた。

最近、何にでも興味を持つようになったチビ寅は
誕生日の朝、目を放した隙にキッチンでヒマワリ油の海で泳いでいた。
タオル1枚では吸いきれない程の油の中でニッコリと微笑みながら
両手で油をすくいとり、撒き散らしていた。

そんなチビ寅は、昨年、満月に引っ張られるように生まれてきた。

チビ寅が家族に加わったこの一年はあっという間に過ぎた。
もう、一年かぁ…という感じだ。

昨日はお赤飯を炊いてお祝いをした。

本人は誕生日という認識など全くないが、私と寅吉は大喜び!
チビ寅も雰囲気に呑まれたのか、メチャクチャご機嫌。

買い忘れたケーキに立てるロウソクの代わりに、
キャンプ用に買ってあった大きな大木の様なロウソクに火を灯し、
親バカビデオ撮影が執り行われた。

親バカ度は一日中チビ寅と一緒にいる私よりも
仕事でなかなか一緒にいれない寅吉の方がヒドイ。
寅吉の名誉の為にここでは伏せておくが、他人様には見せれたものではない。

まだ1年、これからチビ寅の成長と共に自分も成長していきたい。

にほんブログ村 為替ブログへ ← m( _ _ )m
テーマ : 日記    ジャンル : ブログ


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
バタバタと過した夏休みも、もう終わりだ。

昨夜、新潟の実家に住む姉からメールが入る。

「今日はお祭りだよ!」

この1行の文章の下に添付されていた写真は…
こちら↓
mam-02

この写真のメインはピースサインを送る浴衣姿の姪ではない。
となりに不気味に立っている不気味な生き物…私の母である。

母の名誉の為に言っておくが、一応これは変装している。
お腹も少し偽装している。

今年も村祭りの余興の仮装大会に出たらしい…
メス狸だそうだ…。
恐ろしい事に、この狸は優勝をした。

母はこういう事が大好きである。

私が小学生だった頃の運動会でも活躍していた。
運動会はその地域の大イベントだった。
小学生はもちろんの事、地域の住民も地区対抗で運動会を楽しんでいた。
ふと、私の地区の応援席を見ると、赤いロボットが一生懸命に旗を振っていた。
よ?く見ると、私の母だった。
徹夜で作った赤いロボットを満面の笑みで着ていた。

数年前にも姉から写真が送られてきた。
それもやはり村祭りの夜の写真である。
mam-01
このやる気満々ポーズ…。

「行ってまいりやすっ!」
という決め台詞を決めて、
歌舞伎役者のように、右手を前に出し、
片足を上げて、トントントントンと玄関の外へフェイドアウトしたとか…

もちろん、仮装大会の会場までこの格好で車を運転して出かけた。

寅吉に、
「お前はお母さんの要素たっぷりだ。」
と言われるが、イマイチ意味がわからない。

為替ネタではありませんが、よろしかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ ← m( _ _ )m

寅吉、無事に終わる。


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
今日、寅吉の手術の付き添い(?)に行って来た。

手術と言っても、大袈裟なものではない。(詳しくは→こちら
首の後ろに出来た脂肪のカタマリを取る日帰り手術だ。

一応、チビ寅と二人で冷やかし半分、暇つぶし半分で付いて行った。

普通に外来の診察と同じ手順で受付を済ませ、
普通に診察を待つ時と同じように名前を呼ばれるのを待った。
名前を呼ばれた後、自力でオペ室へ行った。

看護士さんに時間を聞くと30分程で終わると言われ、
寅吉がオペ室に入った後、隣のビルへコーヒーを買いに出た。

のんびり病院へ戻り、エレベーターでオペ室の待合室へ向かおうと思っていると、
寅吉がエスカレーターで降りてきた。

梅:「どうだった?痛かった?」

寅:「麻酔の注射を打つ時だけな。」

局部麻酔なので、先生と雑談していたら終わったそうだ。
コーヒーを買っている間に終わるなんて…
簡単な手術と聞いていたが、こんなにあっけなく終わるとは。

寅吉の場合、そのカタマリは1cm程の球体だったが、
先生の患者さんで一番大きかった人は20cmにもなる人がいたそうだ。

20cmって…!!

気がつかなかった訳じゃないよね?

私の想像だか、花咲かじいさんのコブも、この脂肪のカタマリではないかと思う。
元々は毛穴だったものが袋になって脂肪を溜め込むらしい。

手術代も、83pips…ではなく、8300円。
以外に安いので驚いた。

手術後の痛みも、想像していた程ではないらしい。
無事に終わって良かったぁ!!

大きくなると、雑菌が繁殖して大変な事になる時もあるらしいので、
自分にも心当たりのカタマリがあると言う方は早めに取ってしまう事をお勧めする。

にほんブログ村 為替ブログへ ← m( _ _ )m

駅のホームは危険がいっぱい


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
只今、帰省中なので予約投稿をしております。
為替じゃないですが、よろしかったら息抜きに…



確か、こんな暑い夏の日だったと思う。

私が初めて就職した会社での事。
この会社では楽しい話題が沢山あった。(代表作はこちら→為替じゃないこんなお話

ある日の事。
毎朝必ず30分も前に来ている次長が席にいない。
学生時代はラガーマンで、体格も良く、なかなかの男前。
まるでテレビドラマに出てくる上司のような人だった。
体育会系の次長が連絡もないなんてありえない事である。

先輩:「次長から何か連絡あった?」

梅:「いえ、ありません。どうしたんでしょうね?」

みんなで心配していると、1時間ほど過ぎた頃に
ドア付近がザワザワと騒がしくなった。

汗だくで、慌てて飛び込んできた次長の顔面は…

血だらけだった。

良く見ると、ワイシャツも汚れ、スーツもヨレヨレになっていた。

次長:「すみませんっ、遅くなっちゃって。」

汚れている事や、血が出ている事よりも遅れた事を気にしていた。
血にまみれたまま、満面の笑みを浮かべ、

次長:「いや?まいったよ。」

梅:「どうなさったんですか?」

次長は、恥ずかしげもなく答えた。

次長:「電車とホームの間に落ちちゃって。」

梅:「ええっ??!!大丈夫ですか?血が出てますよ。」

次長:「自分でも、何で落ちたのかわからないんだよ。
    普通に降りたつもりがストーンってはまっちゃって。はははっ。」

梅:「えええ?っ!」

ラガーマンだった次長は、胸板が厚かった。
それが良かったのか、悪かったのか、
電車とホームに落ちた時に、胸の所でつかえて止まった。
駅員さんに引っ張られ、這い上がろうともがいたそうだ。
顔は何故血が出ているのかわからないと言っていた。

あの次長が血だらけで現れて、理由を聞いたらホームに落ちたなんて!
私は心の中で一日中笑っていた。

私は、家に帰り、当時一緒に住んでいた姉にさっそく報告した。

梅「今日さぁ、次長が血だらけで会社に来てさぁ。
  どうしてだと思う?」

梅姉:「さぁ?どうしたの?」

梅:「電車とホームの間に落ちたんだって!」

梅姉:「あぁ、良くあるよね?。私も落ちた事あるもん、渋谷で。
    渋谷は間隔が広いから、危ないよ。絶対落ちた人何人もいるよ。」

梅:「えっ?」

笑い話のつもりが、姉には素で返された。

良くあるよね?って…ないと思うけど、そんな事。


にほんブログ村 為替ブログへ ← m( _ _ )m

つりえさ


Category: .過去記事 > 為替じゃない話   Tags: ---
以前、近所に「つりえさ」の自動販売機があるとご報告した。

ゴカイやイソメなどが売られてる。詳しくはこちら→「近所の自動販売機」

ずっと気になっていた。

生きているゴカイやイソメがあの販売機の中でうごめいているのか?
本当に売られているのか?
どういう形で出てくるのだろうか?

少し前に、寅吉と釣りに行った時に勇気を出して買ってみた。
買ったのは寅吉だが…

普段は釣具屋の店頭に販売機が置いてあるが、
お店はほとんどお休みをしている。
小銭しか使えない販売機だったので、
わざわざ釣具店で両替してもらった。
釣具店の店内に釣りえさがあるにもかかわらず、販売機で購入してみた。

500円を入れて出てきたイソメは…

新鮮でうごめいていた。

スーパーのお惣菜売り場のプラスチックのケースみたいなものに入れられ、
ホッチキスで閉じられていた。

イソメの良し悪しは私には良くわからないので、寅吉に聞いてみた。

梅:「これ、どう?」

寅:「普通。でも、デカ過ぎるなぁ。」

そのイソメは、ミミズくらいあった。
販売機の中の暗くて涼しい場所で成長したのだろうか?

やはり、ちょっと不気味な販売機だ。

にほんブログ村 為替ブログへ ← m( _ _ )m

hannbaiki


08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
FC2カウンター
 
プロフィール

お梅

Author:お梅
人生も折り返し地点にきました。
日々の事を書きとめておこうと思います。

「FX夫婦舟」でスタートしたブログです。
「Go!go!go♪」でReスタートしました。

私→お梅
夫→寅吉
息子→チビ寅
が主な登場人物です。

 
今日のお天気
 
カテゴリ
 
 
 
相互リンク
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。