Go!go!go♪

立ち止まらずに毎日、毎時、突き進もう! 日々の事を備忘録として記録します。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古の象印【TUFF GEARツーバーナー(GTA-S40)】


Category: アウトドア   Tags: ---
久しぶりにアウトドアの道具を入手した。

中古の象印TUFF GEARツーバーナー(GTA-S40)だ。
バーナー3
青い部分はプラスチックだが、他はステンレスヘアーライン仕上げ。
なんだかちょっとカッコイイ。

もう、1年以上前に、近所のリサイクルショップで発見し、
買おうか、買うまいか、と悩み続けていた。

待ってみるものだ。
なんと、先日、このリサイクルショップが閉店するそうで、
30%OFFの閉店セールをやっていた。

幸いにも、誰にも見向きもされずに売れ残っていた所を、
4036円で即買いしてきた。

元の値段は5980円、30%OFFで4186円だったが、
150円分のポイントが使えたので、結果4036円だった。
お買い得感がタップリだ。

しかも、火力を安定させるパワーブースター付き。

このツーバーナー、かつて象印が展開していたアウトドア用品の
「TUFF GEAR」ブランドで、新富士バーナー(SOTO)のOEM商品らしい。

購入した時はブルーの保護フィルムが貼られていて、
外観はとてもきれいだった。
バーナー4

「ガスシンクロナスシステム」とかいう、ガスの供給方法で、
常に2本のガスボンベから同時に各バーナーへガスを供給するのだそう。
なので、火力がかなりある。

しかも家庭用カセットボンベを使うので手軽で経済的だ。

が、しかし、やはりリサイクルショップの中古品だ。
ちゃんと動作するか不安はあった。

いざガスボンベを装着し、点火してみると…

左のバーナーが点かない…!!!

私が、「おかしい…おかしい…点かない…点かない…」と連呼しながら
ガチャガチャやっているところへ寅吉がやってきた。
見かねた寅吉が渋々助け船を出してくれた。
バーナー補修1


どうやら、バーナーの裏側のガス管を締めているナット部分の目詰まりだったらしい。
バーナー補修2


バーナーを分解し、ナットの目詰まりを針で突いて元に戻すと、
勢いよく火がついた!!
バーナー2



ありがとう~~~寅吉!!さすが~♪


参加しています。どうぞクリックをお願いします(o´▽`o)
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

スポンサーサイト
テーマ : アウトドア    ジャンル : 趣味・実用

静岡・ふもとっぱらキャンプ場…やっぱり見えない…


Category: アウトドア   Tags: ---
3月30日~3月31日に

ふもとっぱらキャンプ場
へ行ってきました。

今回は、寅吉が土曜日は仕事の為、夜に車で合流することにして、
チビ寅と私は千葉から電車でキャンプ場へ行きました。

東京駅からはなんと新幹線です。
tibitora_20130417134620.jpg

新幹線とキャンプって私の中では相反するモノの様な気がしてしまいます。

自宅→総武線最寄駅→東京駅→新幹線→新富士駅→路線バス→霧降グリーンパークバス停→キャンプ場

という経路で、朝、自宅を6:30に出発し、キャンプ場へは10:15頃に到着しました。

寅吉が何時に到着するか解らないので、
二人用のチビテントとシュラフは宅急便でキャンプ場へ送りました。

食事はいつものようにTさんご夫婦におんぶにだっこヽ(^o^)丿
到着間もなくホタルイカのリゾットを頂きながら
早々にお酒までいただきました。
ホタルイカリゾット

今回のキャンプの目的は、

「鹿の角を拾う」

こと。

交通アクセスを調べていた時に、キャンプ場のブログに
「春の訪れを鹿の角が教えてくれました」というような記事が載っており、
夫婦舟家は絶対に拾って来ようと家族会議で決めていました。

チビ寅は、
「Tさんが全部拾っちゃったらどうしよう」
なんて、あたり一面に鹿の角が落ちていると思っていたようです。

すると、なんと!
先に到着していたソウちゃんが立派な鹿の角を拾っておりました。

これは、絶対に落ちている!
と、一生懸命にさがしましたが、結局二本目は見つかりません(涙)
ガッカリ…

鹿が角を研いだ痕跡はいたるところに見つかったのですが…無念です。
角の跡

ソウちゃんの拾った角はそれはそれは立派な角で…(写真撮り忘れました)
来春に必ずリベンジしたいと思います。

お天気は30日は曇り、31日は曇り&小雨と恵まれず、
またしても富士山を見る事が出来ませんでした。

晴れていればこんな感じで富士山が望めます。
気球02
(ふもとっぱらキャンプ場のブログより拝借)

しかし、今回は曇っていたのでこんな感じ
気球
横風で気球もしぼんでしまいました。


前回の時も富士山を見れず、
未だにチビ寅は本当の富士山の大きさを知りません。
富士山リベンジは夏くらいにはしたいですね。



午後は温泉へ行き、帰ってきてのんびりと寛ぎ、
夕方からはTさんの美味しいご飯を頂きました。
エビのエスニック焼焼きカキピザ窯パスタ
ピントが全く合っていません(^_^;)
お料理ももっと沢山あったのに…ちゃんと撮れていません。

Tさん
Tさん

チビ寅はU家のトレーラーハウスで
若いお姉さん達に囲まれて、大満足。
トレーラハウス

季節がら、玄人キャンパーさんが多いせいか、
暖房器具持参のキャンパーさんばかり。
そして、時代はティピーなのでしょうか?
ワンポールテントのキャンパーさんが多かったです。

ちょこっと見せて頂いたご家族は、
Tentipiのジルコンで薪ストーブを焚いていました。
夜はこのジルコンちゃん、赤くぽってり輝いて素敵でした。
またもや写真撮り忘れです。

欲しい…無理だけど。

で、朝くらいは例のJETBOILでコーヒーを煎れようと思っていたのですが…
起きたら美味しいコーヒーをRちゃんが淹れてくれておりました…

何にもせずに、申し訳ありません!

JETBOILの感想は次回に持ち越しです。

寅吉は仕事帰りに無事に合流しました。

家族三人で写真を撮るのも忘れました。
最近、私の趣味にしようと思っている、
「顔だし看板」での記念撮影が唯一の家族の絆となりました。
中山湖
山中湖にて 撮影:チビ寅

にほんブログ村 アウトドアブログへ

テーマ : ガーデニング    ジャンル : 趣味・実用

【JETBOIL SUMO】 を買ってみました


Category: アウトドア   Tags: ---
昨年の秋に、チビ寅の幼稚園のお友達ファミリーで
BBQへ行った時の事、すごい道具を発見。

その道具が、「JETBOIL」だったのです。
JETBOIL SUMO


何がすごいかって言うと、
お湯を沸かしているカップ(鍋?)を素手で持てる事!
しかも、お湯を沸かす速度が速い!!
保温性も抜群!!!

気になって色々と調べてみたら、随分前から発売されていたのですね。
知りませんでした。

正規輸入代理店は「モンベル」でした。
日本では、法律に基づく財団法人日本ガス機器検査協会(JIA)の
適合検査を合格したものしか販売できないそうで、
並行輸入ものも出回っているようですが、
修理などはこの正規輸入品しかモンベルでは受け付けないそうです。

と言う事で、一応修理の事も考えて正規輸入品を購入しました。

最近、キャンプへ行っても食事を作る事は殆どなく、
美味しい美味しいご飯をご馳走になってばかりの夫婦舟家。

キャンプ場へ行って火を使うのは朝のコーヒーくらいなのです。

一緒にキャンプへ行くTさんや、Sさんが
全て食事を用意して下さるという極楽キャンプなのですが、
自分の為の朝のコーヒーを沸かすのに、
マニアキャンパーの大切にしている道具をお借りするのは
どうしても出来ません。

今までは普通のガスストーブで
コッヘルに水を入れてお湯を沸かしていました。

しかし、このコッヘル、

○取っ手が熱くなる
----→軍手が必ず必要(-_-;)

○お湯を注ごうとすると口からダラダラとお湯がこぼれる
----→お玉でお湯をコーヒーフィルターに入れる(-_-;)

○お湯が沸いてもすぐに冷める
----→冬場の三杯目のコーヒーを作るときには、もう水(-_-;)

と、コーヒーを淹れるだけなのにかなり不満がありました。

食事も作っていないのに、それくらいどうした、
という声も聞こえてきそうですが…

私はあのBBQで、「JETBOIL」に魅せられてしまったのです。

キャンプ場でお湯しか沸かさない私にとっては、
最高のアイテムです…だと思います…きっと。

で、先々週、いつものTさんご夫婦と「ふもとっぱらキャンプ場」へ
行くのを切っ掛けに購入してみたというわけです。

購入したのは「SUMO」なのですが、
ちょっと大きすぎたかな?と思っております。
コンパクトで軽いので、キャンプ以外でも重宝しそうです。


BBQへ行った時に、もうひとつ、
「JETBOIL」に勝るにも劣らないアイテムを発見しました。

それは、カップに引掛けるコーヒーフィルター、
ドリッパー要らずの優れものです。
Coffee filter


良くあるドリップ式インスタントコーヒーの豆の入っていないヤツです。
こちらはカルディに30枚入りで確か270円くらいで販売しています。

この二つを持って、先日、3月30日~31日に
「ふもとっぱらキャンプ場」へ行ってきました。

そちらのご報告はまた次回…

にほんブログ村 アウトドアブログへ


テーマ : アウトドア    ジャンル : 趣味・実用

千葉・森のまきばオートキャンプ場


Category: アウトドア   Tags: ---
7月28日に小湊鉄道の枝豆収穫列車の企画に参加した後、
ついでにキャンプもして来ようと言う事になり、
28日~29日に森のまきばオートキャンプ場へ行ってきた。

makiba-07.jpg

いつも土壇場行動の夫婦舟家は、枝豆収穫が終わり、
五井駅に停めておいた車に乗り込んでからキャンプ場へ電話を入れた。
16:30過ぎに電話で18:30くらいに到着になりそうだと言うと、
受付は18:00で閉めてしまうが、インターホンで呼び出してくれればOKとの事。

慌てて近くの天然温泉江戸遊で汗を流し、コンビニでお酒と食料を調達し、
急いでキャンプ場へ向かった。

予定時間ピッタリの18:30に受付に到着し、
言われた通りインターホンで呼び出すと、
住居の方からオーナー婦人が出て来てくれた。

混み具合を聞くと、25組程なのでさほど混んでいないとのこと。
料金は一泊テント一張り車一台で\5000だ。

最近の我が家のキャンプ場代としてはかなり高め。

値段はちょっと高めだが、フリーサイトで千葉のわりには雰囲気も良い。

遅くに到着したが、車の中で寝るには暑過ぎるだろうと言う事で、
久しぶりにテントを張った。
makiba-05.jpg
なんとベストポジションが空いていて、木陰の眺めの良い場所を確保できた。

枝豆収穫で採ってきたトウモロコシ。激甘♪
makiba-02.jpg

makiba-04.jpg

キャンプ場の敷地がメチャクチャ広いので、
25組のキャンパー達は写真を撮っても映らない。

他のサイトの方はわりと混んでいたが、混んでいてもこんな感じ。
makiba-10.jpg

makiba-15.jpg 小さな川が流れていたり

makiba-11.jpg ドッグランがあったり

makiba-08.jpg 羊がこの中で飼われていたり

makiba-09.jpg 巨大なサイロがあったりする。

かつては牧場だったらしい。

makiba-12.jpg 炊事場は三カ所あるようだ。

makiba-13.jpg 簡易水洗トイレ。きちんと清掃されているので臭いもなく綺麗。

makiba-14.jpg コインシャワー、5分300円。

千葉の夏のキャンプはもの凄く暑い。
この日は怖ろしいほどの気温だったが、思ったほど暑くなく、
夜はわりとすごしやすかった。

出来たらキャンプをしようか~という軽い気持ちでやってきたので、
必要なものを持って来ていない。
なんと、明りがない。ランプを忘れて来てしまった。

重~い腰を上げて、寅吉がコンビニまで明かりを調達しに行く事に。

仕入れてきたものは小さな仏壇用のロウソクとプラカップ。
夕飯もトウモロコシと枝豆とコンビニ冷やし中華なので、明かりもそれほど必要がなく、
こんな明かりでもそれなりに雰囲気が味わえたかも。
makiba-01.jpg

薄らとした月明かりとロウソクの灯で美味しいお酒を飲み、
ゆっくり夜を過ごした。

翌朝は、チビ寅が寅吉にクワガタを取りに行こうと5:00から大騒ぎ。
寅吉は渋々チビ寅に付き合い、クワガタ採りに。

前日の受付の際に、オーナー婦人にクワガタが採れる場所を聞いておいた。
オーナーの息子さん達が小さい時に良く採りに行っていた所なのだとか。

makiba-18.jpg うっそうとうした道に入って行く。

makiba-16.jpg チビ寅はやる気満々。

makiba-17.jpg 目的のクヌギの木の森に到着。心配そうに覗くチビ寅。

makiba-19.jpg あまりにも藪が深く、あきらめかけた時にチビ寅が死骸を発見。

寅吉は探さない訳に行かなくなり、カナブンが集まっている木を発見し、蹴ってみる。

makiba-20.jpg 蹴った木がこちら←

すると、なんと5匹ものクワガタが落ちてきた!
それをすかさずチビ寅と私で捕獲~!!
makiba-21.jpg

この時にはクワガタに触る事も出来なかったチビ寅も
帰る頃には持てるようになり、対戦させて遊ぶようになった。

夏の千葉のキャンプは暑いが、暑いキャンプもまた良いかも。
お盆休みは何処に行こうかな~

にほんブログ村 アウトドアブログへ








テーマ : アウトドア    ジャンル : 趣味・実用

ふもとっぱらキャンプ場


Category: アウトドア   Tags: ---
ちょっと前(かなり?)になるが、関東が梅雨入りをした6月9日、10日に
いつものキャンプ仲間のTさんご夫婦に誘われて、

ふもとっぱらキャンプ場

に行ってきた。

当日は11:00からチビ寅の父親参観があったり、
寅吉の仕事が急遽入ったりして出発が遅くなる。

千葉は雨だったが、既に現地でキャンプをしているTさんからは
3時頃には雨も上がり、晴れているとの連絡が…

その日は雨のせいか、都内は大渋滞(-_-;)
結局キャンプ場に着いたのは21:00過ぎになってしまった。

到着し、空を見上げると満天の星!
あんな星空を見るのは何年振りだろうか…

星空に感激していると、Tさんが

「お風呂ができてるよ~」

なんと、なんと、Tさんご自慢のお風呂が!
チビ寅と寅吉は夜のキャンプ場でお風呂を満喫(^-^)
お風呂

6年ぶりに会う、Uさんご一家と、おなじみのKさんご一家と
Tさんご夫婦のお料理を頂きながらおいしいお酒を頂きました♪

星空だったので翌日は晴天を期待していたのだが、
どんよりとした曇り空。
残念ながら富士山は一度も姿を現してくれなかった(-_-;)
humoto01.jpg

富士山を見る事が出来ず、かなり心残り。
また必ずリベンジに来ると富士山の裾野に誓った。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
テーマ : キャンプ    ジャンル : 趣味・実用

BBQに誘われました


Category: アウトドア   Tags: ---
チビ寅の運動会の翌日、
寅吉の親戚の啓坊あんちゃん(ケイボウアンチャン)からBBQのお誘いがあった。
以前から会う度に誘われていたので、恐る恐る行ってきた。

なんで恐る恐るかというと…

動物愛護が叫ばれている昨今、あまり大きな声では言えませんが…(^_^;)

この啓坊あんちゃん、趣味が狩猟…
毎年、北海道や九州へ1週間程出掛けるそうで…
捕えた獲物は自分でさばき、
持ち帰ってみんなに振舞うのを楽しみにしているらしい…(^_^;)

という訳で、今回のBBQはお肉が

熊&鹿

である。

私は、鹿のお肉はフレンチのお店で食べた事があったが、
寅吉とチビ寅はどちらも初体験。

炭火で焼いた熊&鹿と、生の鹿肉をいただいてきた。

鹿のお肉は全くクセがなく、柔らかくて、焼いても生でもすごくおいしい(^-^)
生肉はレバ刺しのように、ごま油と塩でいただいたのだが、かなりの絶品。

熊さんはというと…
ちょっと臭みが強くて少し硬い(*_*)
う~ん……しっかり下味つけたら大丈夫かな?


啓坊あんちゃん、熊を捕ってくるくらいなので何でも豪快である。

この姿、何をしているのかというと…
keibo-01.jpg


正解は、蠅を追っているところ(^_^;)


気が付いたらテーブルの上にはネズミ捕りが置いてある…(^_^;)
keibo-02.jpg


これも蠅対策。
テーブルの上って…大胆すぎる。

帰りに熊の爪と、熊&鹿のお肉をお土産にいただいて帰って来た。
おいしく調理できるだろうか…

keibo-04.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログへ


テーマ : こんなの食べてみた    ジャンル : グルメ

千葉・印旛沼サンセットヒルズ


Category: アウトドア   Tags: ---
先日の10月1日~2日にかけて、久しぶりにキャンプへ行ってきました。

場所は近場の
印旛沼サンセットヒルズ

数日前までの天気予報では、「曇りのち雨」だったのですが、
なんとか雨はまぬがれました。

そろそろキャンプにでも行きたいなぁ…
などと思っていると、いつもタイミング良く
キャンプ仲間のSさんからお呼びがかかります。
そして、最近は大概この「印旛沼サンセットヒルズ」に集合します。

近場で手軽な所、空いている、料金が安い、
というのがここに集合する理由です。

キャンプ仲間のSさんは、料理が得意なので
毎回、全てのお料理を作ってくれます。
なので、Sさんとのキャンプはとってもらくちんキャンプです。
(お料理の写真を撮るのをわすれていました(^_^;))

ざっとキャンプ場の紹介です。


キャンプ場の入り口です。
sun-iriguchi


こちらはテントサイト。フリーサイトではありませんが、ゆったりしています。
sun-07.jpg

垣根で仕切られているので、ゴミゴミした感じがありません。
sun-05.jpg

車は1サイトに1台乗り入れが出来ます。他の車はキャンプ場の駐車場へ。
sun-08.jpg

印旛沼が見えるサイトは土なので、雨が降るとドロドロに。
sun-09.jpg

ファイヤースペースを中心に円形にサイトが配置されているところもあります。
数家族で来た場合には便利です。予約の際にサイトの指定もできるようです。
sun-06.jpg

炊事場
sun-03.jpg

奥の建物がトイレ(和式簡易水洗)。この他に、車いすでも入れるトイレがあります。
手前の緑色の網がゴミ捨て場所。
全てのゴミをキャンプ場が引き取ってくれます。
sun-04.jpg

芝生広場。予約が無い時は自由に使えます。
sun-11.jpg

キャンプ場からの眺め。晴れていると夕日がきれいです。
キャンプ場の名前の由来ですね^^
sun-10.jpg

管理棟。可愛らしいお花でガーデニングされていました。
sun-02.jpg

我々のサイト。キャンプに来ているというか、飲みに来ているというか…(^_^;)
sun-12.jpg

おいしいお酒とお料理で秋の夜長が始まりました。
sun-13.jpg




お天気はイマイチでしたが、十分秋を感じる事ができました。

キャンプ場内にはたわわに実る銀杏の木もあり…
物凄い悪臭を放っていました。
この時期にはイチョウの木の下でテントは絶対に張ってはいけませんね。
気が付いて良かったです(^_^;)

sun-15.jpg sun-14.jpg


次の日は、Sさんを含め、一緒に飲み明かしたオッサン達3人は自転車で40kmの旅にでました。

夫婦舟家は

千葉県立 房総のむら  へ。

bousou-01.jpg


到着してすぐにお腹がすいたのでお蕎麦を食べることに。
このお蕎麦が、すごく美味しかったです^^
bousou-04.jpg



この「房総のむら」寅吉は幼い頃から何度も行った事があるらしいのですが、
私とチビ寅は初体験です。

昔の千葉(房総)の古い街並みを再現してあったり、
房総の古墳や遺跡の資料館があったり、
伝統文化の体験づくりができたり、
意外なほど楽しめました。


bousou-06.jpg チビ寅がやっているのは「張り子の絵付け体験」

bousou-05.jpg  竹馬? これ、なんて言うんでしたっけ?

出来あがった張り子。チビ寅が絵付けた「魚」と私が絵付けた「こまいぬ」。
bousou-07.jpg


かなり広い施設なので、晴れた日にお弁当を持って遊びに行くのもいいかもしれません。
また行ってみたいと思っています。

印旛沼サンセットヒルズの近くには、

草ぶえの丘

オランダ風車

国立歴史民族博物館

などの見どころもあります。
オランダ風車(佐倉ふるさと広場)ではレンタサイクルもできるので、
印旛沼一周に挑戦するのもいいかもしれません。

千葉のキャンプはこれからが良いシーズンです^^
真夏の千葉は熱すぎてキャンプどころではありません(^_^;)
どうぞ千葉へお越しください♪


にほんブログ村 アウトドアブログへ

テーマ : アウトドア    ジャンル : 趣味・実用

簡単♪アウトドア料理?


Category: アウトドア   Tags: ---
今回はアウトドアネタを書いてみようと思う。

梅雨も明け、夏休みに突入し、いよいよ夏本番!といった感じだ。

昨日の日食は残念ながら見る事は出来なかったが、
壮大な自然を求めて、キャンプに行きたいなぁ…。




この近年、キャンプへ行くときは料理好きの方とご一緒する機会が多く、
自分で「アウトドア料理」を作る事がめっきり少なくなった。

以前はダッチオーブンでパンを焼いてみたり、
手作りの自家製ベーコンを燻煙してみたりと張り切っていた。

しかし、作っていただいたお料理を座ったまま戴く事を覚えてしまい、
すっかりアウトドア料理に力を注がなくなってしまった。

キャンプをはじめた頃は、ホワイトガソリンのツーバーナーを
シュコシュコやりながら料理に勤しんでいたが、
現在は卓上コンロとストーブ(?って言うのかな)で適当に料理している。

ガスを使ってしまうと、ホワイトガソリンのあの面倒臭さには戻れない。
「シュコシュコ」とやっていると、「アウトドア?♪」って感じで気分はいいのだが…

それから、使わなくなった料理道具と言えば…ダッチオーブン。

我が家のダッチオーブンは何処へ行ったのだろう?
寅吉に、キャンプに行く度に「置いて行ったら?」と言われ続け、
意地でも持って行っていた頃が懐かしい。

ダッチオーブンってなんであんなに扱い(持ち運びも含む)が面倒なんだろう…

最近は「コロダッチ」などという可愛らしいダッチオーブンがあるらしい。
酒のツマミ作りに役立ちそうな大きさだ。
ちょっと使ってみたいなぁ。

前置きが長くなってしまった。
キャンプに出かけてもあまり料理をしなくなったお梅であるが、
簡単アウトドア料理をひとつ。

【簡単ホットサンド】
〈材料〉
・食パン(8枚切) 1枚
・スライスハム 1枚
・とろけるスライスチーズ 1枚
・バター or マーガリン 適宜
・アルミホイル 30cmくらい
〈作り方〉
?アルミホイルの表面(食パンの大きさ)にバターを塗る。
?食パンにバターを塗りハム、チーズをのせて二つ折にする。
?アルミホイルのバターを塗った部分に置き、パンをきっちりと包む。
?炭火の網の上に置いて両面を焼く。
hotsand1.jpghotsand2.jpghotsand3.jpghotsand4.jpg


う?ん…料理と言えるのかどうか…
画像をつける程のものでもないって感じだけど…
でも、手軽で簡単で美味しいので是非お試しを。

ハムとチーズを挟む時にお好みでコショウやマヨネーズをつけても。
アルミホイルでパンを潰すくらいきっちりと包むのがポイント。
子供が沢山いる時などは、自分達で作らせて、印をつけて焼けるのを待つのも楽しいかも。
キャンプに出掛ける前にアルミホイルで包むまで仕上げ、
おやつ時や朝食時に焼くだけにしておくのも手軽で便利。

あぁぁ?自然の中に行きたいなぁ…

にほんブログ村 アウトドアブログへ

テーマ : アウトドア    ジャンル : 趣味・実用

スノーピークに感激と感謝


Category: アウトドア   Tags: ---
アウトドアライフを愛する人で「snow peak(スノーピーク)」を知らない人はいないだろう。

アウトドア用具を製造・開発・販売し、新潟に本社を構える会社である。

私はスノーピークという会社にとても感謝をしている。
それは何故かというと、5年前の2004年11月にさかのぼる。

以前、記事にも書いたが、
私の実家は新潟中越地震の震源地近くに位置し、大きな被害を受けた。
実家周辺の被害は大きく、集落の90%が家屋全壊となってしまった。
私の実家も全壊したが、多くの方々の支援のお陰で
現在は集落全体共々、平穏な生活を取り戻している。

私は地震直後、勤務していた会社に長期の休暇をもらい帰省した。
全壊となった実家には当然住む事が出来ず、
避難所となっている小学校の体育館で家族と一緒に寝泊まりをしていた。

まだ予震が頻繁に起こり、ライフラインを含め、全ての復旧の目処は全くたっていなかった。

地震から10日程経った頃の事である。
この頃になると、全国から大勢のボランティアの方々が応援に来て下さり、
多くの企業や自治体、日本全国の個人の方々からも沢山の支援を頂くようになった。

私や家族がどこから手をつけて良いか解らない程、
崩壊してしまった家を片づけていた時だった。

1台のワンボックスカーが実家の前に停まり、車から男性が降りてきた。

男性:「ボランティアで、テントを各家庭に設営して回っています。
    よろしかったら設営しますが、いかがですか?」

姉:「え?テント?」

男性:「はい、避難所ではプライベートもありませんし、荷物置き場代わりにもなるかと思います。」

姉:「あぁ、そうですね、良いですね、立てていただけるのですか?」

男性:「はい、場所を指定していただければ私たちが設営します。いかがですか?」

姉:「じゃぁ、お願いしようかな?」

男性:「ご家族は何人ですか?」

姉:「5人です。」

男性:「わかりました!」

4?5人の男性が車の中から現れ、リーダーと思われるその男性の指示の元、
テキパキとテントを設営してくれた。

完成したテントの中にはインナーマットが敷いてあり、寝袋が家族5人分置かれていた。

男性が、簡単なテントの説明をしてくださった時に、私は思わず聞いた。

梅:「あの、このテント、どのようにお返ししたらよいのですか?」

男性:「いえ、返さなくて大丈夫です。
    これはこの地震で必要なくなったらご自由にお使い下さい。」

梅:「ええっ!?いいんですか?寝袋もこんなに…。」

男性:「はい、雪が降れば使えなくなりますが、その間だけでも使っていただければ(微笑み)」

そう言って、スノーピーク御一行を乗せたワンボックスカーは過ぎ去った。
私には、アウトドアの王子がやってきたかのように思えた。
あちらこちらの家の庭先に、スノーピークのテントが姿をみせた。

その後、スノーピークのテントは、震災直後の魚野川の土手を埋め尽くした。
私の実家の様に、震災に見舞われた家庭をはじめ、
ボランティアの人々の寝泊まりの為に、テントの配布と設営を行ってくれたのだ。
中越地震の時には、大勢のボランティアの方々が来て下さったので、その数も半端ではなかった。
スノーピークフリークが見たら、あの土手に並ぶテント群の光景は感動ものであろう。

千葉へ帰ってきてから、ネットで知ったのだが、
中越地震でアウトドアボランティアをしてくださったのは、
スノーピークをはじめとする各アウトドアメーカーさんだった。

友達の家には小川テントの大きいテントが設営されていた。
雪が降るまでの短い間ではあったが、とても役に立った。

実家で設営していただいたスノーピークのテント、アメニティドームは
現在、夫婦舟家のキャンプで活躍している。
もちろん、インナーマットと寝袋もである。
saite-1.jpg

それまでキャンプをしていたのでスノーピークというメーカーは知っていたが、
より一層の信頼度をスノーピークに感じるようになった。
本当にありがとうございました。
にほんブログ村 アウトドアブログへ

地震の際にはとても多くの方の支援と労力と勇気を頂きました。
本当にありがとうございました。

テーマ : キャンプ場    ジャンル : 旅行

伊豆・まほらまワイルドキャンプ場


Category: アウトドア   Tags: ---
5月2日~5日、伊豆で久しぶりの連泊キャンプを楽しんできた。

今回訪れたキャンプ場はGWの1週間前に寅吉がネットで探し当てたキャンプ場である。
いつも土壇場行動の夫婦舟家はのんびりと構えすぎていたせいで
どこのキャンプ場も予約で一杯…orz

寅吉は、伊豆のキャンプ場というキャンプ場は片っ端から電話したのだそうだ。
その数、約20件!

ことごとく断られ、それでもめげずに探し当てたのが

まほらまワイルドキャンプ場
静岡県伊豆市加殿1131-107
TEL 0558-72-4505

このGWに余裕で予約がとれるなんて、どんな所だろうか?

と、多少の不安はあったものの、
キャンプブログ等で紹介されている写真は中々良さそうである。
私達3人は心躍らせながら現地へ向かった。
(チビ寅は訳もわからず連れて行かれたのだが…)

高速は予想外にスムーズに進んだが、伊豆市内に入ると大渋滞。
朝7:30に出発をして、現地到着は14:00だった。

山間のキャンプ場は予想以上に良い環境だった。

区画も広く、自然も豊かで、オーナー夫婦の人柄も良い、
どうやら、かなり穴場のキャンプ場のようである。
80サイトの内、5月2日の時点で1/3しか埋まっていない。
5月3日には少し増えたがそれでも1/2程しか埋まらなかった。

こちらが我が家の基地↓
saite-1.jpg

ネットオークションで手に入れたステージア
救援物資で頂いたスノーピークのアメニティドームである。

救援物資?

とお思いになられた方もいらっしゃるかもしれないが、
はい、その名の通り、救援物資で頂いたのだ。

この話は長くなるので、またあらためて記事にしようと思う。

《他のサイト》↓
saite-3.jpgsaite-4.jpgsaite-5.jpg


《炊事場》↓
saite-6.jpg


《トイレ》和式水洗↓
saite-7.jpg



かなり広い敷地に牧草が生い茂っている。
きれいに刈られて管理されているのでとても気持ちが良い。

あれだけの敷地を管理するのはかなりの重労働だと思われる。
オーナーの奥様の話によれば、これからのシーズンは
刈っているそばから生えてくるのだとか。

ここのキャンプ場が完全に埋まらない理由として、
少し傾斜地が多いせいかもしれない。
しかし、区画がかなり広いので問題無いのかな?

このキャンプ場へのアクセスだが、
ナビ通りに向かっても、途中で不安になるかもしれない。
修善寺カントリークラブの17番ホール(?)の脇をすり抜けてキャンプ場へ到達する。
打ち損じたゴルフボールが飛んでこない内に早めに通り抜けよう。



チビ寅を連れての連泊キャンプはこれが初めてだった。
多少の不安があったものの、心配をよそにチビ寅は元気一杯だった。
自然の中で走り回る事も楽しそうだったが、
寅吉とずっと一緒にいる事が嬉しそうだった。

到着当日は晴天だったが夕方から風が強くなり、
ドームタープでない我が家はかなりのダメージを受けた…。

キャンプでの風は雨よりも辛いかもしれない。

ドーム型のタープを欲しがっている私の言葉など
寅吉の耳にには届かない。

寅吉はドーム型のあの圧迫感が嫌だと言うのだ。
確かにそれも一理ある。
自然を満喫するにはちょっと閉塞感と圧迫感がありすぎる。

真冬のキャンプにも頻繁に行くようになったら考えも変わるかもしれない。
気長に待とう。

0503-4.jpg

夕方、キャンプ場から一番近い(2km程)中伊豆の白岩の湯へ。
なんと、ここの温泉は、入浴料が200円だ。
受付のおじさんも親切で、地元の人で賑わう湯船でのんびりとくつろいだ。

3日は近くにある伊豆虹の郷へ。
0503-3.jpg

4日は伊豆・三津シーパラダイスへ。
0503-1.jpg

三津シーパラダイスの帰り道、寅吉が駿河湾を見てソワソワしはじめた。
釣りをやりたくて仕方がない様子。
我慢も限界になり、時間も遅かったが釣りをする事に。
見事キスを釣り上げ、晩酌のツマミになった。
sakana.jpg

5日の撤収は少し雨に降られたが、本降りになる前に片付き、帰路へ。
真っ直ぐ帰る予定だったが、あまりの渋滞で少し時間をつぶす事に。

熱川バナナワニ園に寄り道。

寅吉は、迫力満点のワニの餌付けショーを期待していたらしく、
グッタリと微動だにしないワニを見て肩をおとしていた。

チビ寅初めての連泊キャンプも無事に終わり、
千葉の自宅へ着いたのは20:00頃。

高速料金一律1000円になり、渋滞がもっと酷いかと思ったが
予想以上に高速道路はスムーズだった。
(伊豆での一般道はかなり混んでいたが…)

今度は何処へいこうか?

にほんブログ村 アウトドアブログへ


最後にひとつ。
このキャンプで気になった事がひとつ…

私たちの隣のサイトに完璧な装備のキャンパーがいた。
まるでアウトドア用品のカタログから抜け出たような完璧さである。
仲むつまじく語り合う二人は30代前半の男性二人。

どんな関係?

まったく大きなお世話だよね。失礼しました!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

テーマ : キャンプ場    ジャンル : 旅行

明日から伊豆へ♪


Category: アウトドア   Tags: ---
いよいよ明日からGWである。

早い人は既にGWの真っ最中だとか…ウラヤマシイ!

明日から3泊の予定で伊豆にキャンプだ♪
もしかすると、4泊に延長する可能性もある。

今回のキャンプに向けて久しぶりにアウトドア用品店へ出向いたら、
目新しい便利そうなモノが沢山出回っていて驚いた。

我が家のキャンプは素人でもなく、玄人でもない、その中間だろうか?
仰々しい道具を揃えるわけでもないが、最低限の機能を追求する訳でもない。

まぁ、テキトーに♪

そんな感じである。

あ、その中でも忘れてはいけないと言うものがあった。
コレだ↓
cafe.jpg

コーヒーミルとパーコレーターだ。
寅吉も私も大のコーヒー好きである。

お酒は現地でも調達できるが、美味しいコーヒーはなかなか手に入らない。

家でも、必ず豆を挽いてから淹れる。
このミルはコンパクトで持ち運びに便利。
荒さも調節できる優れものである。
コーヒーミル:JAPAN PORLEX社製


今日は一日中、4日分の食糧の調達と仕込みに追われた。

今日あたり、仕込みに追われているキャンパーさんも多いのでは?
そんなキャンパーさんにメニューをおひとつ…
と、思ったが、既に日は沈みかけている…間に合わないかな。

自家製ピクルス↓
090430-1.jpg

先日、お友達ご夫婦主催のお花見に行った時に出された
自家製ピクルスをパクッてみた。
春野菜のピクルスだったのだが、ピクルスでは珍しいタケノコが激ウマ!
友達は「お勧めはエノキダケだよ。」と言っていたが、
エノキダケのピクルスも美味しかったのでこれももちろん入れた。

タケノコは先週、寅吉の実家の裏山で調達。

今が旬のタケノコ、本当に美味しいので是非♪
写真のピクルスは、
タケノコ、エノキダケ、きゅうり、カリフラワー、セロリ。

《作り方》
○漬け汁の材料を合わせてひと煮立ちさせ、良く冷ます。
●好みの野菜を一口大に同じくらいに切り揃える。
○切り揃えた野菜を熱湯にさっとくぐらせる。
●保存容器に入れて密閉する。
○翌日から食べられるが、2?3日頃が美味しい。
 冷蔵庫なら1か月もつ。

《ピクルス漬け汁》
○ワインビネガー(米酢でも可)*** 200cc
●水 *** 300cc
○白ワイン *** 100cc
●砂糖 *** 100cc
○塩 *** 小さじ1/2
●にんにく *** 1かけ(薄切り)
○とうがらし *** 1本
●ローリエ *** 1?2枚
○粒こしょう *** 小さじ1

漬け汁は写真の保存容器1瓶(1リットル)くらいです。
大きさによって2倍、3倍等などアレンジして下さい。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
テーマ : キャンプ場    ジャンル : 旅行

気分を変えて


Category: アウトドア   Tags: ---
気分を変えて、ブログのリニューアルをしてみた。

以前のテンプレートも個性的でかなり気に入っていたのだが、
新規一転、思い切って変える事にした。

GWに向けて、気持ちがキャンプへ向かっている事もあり、
アウトドアなどについても書いていこうかな?などと思っている。

FX以外の記事の方が面白いと、お褒め頂いた(?)事もあるが、
メインのFXの記事も頑張って充実させていきたい。

以前からアウトドアについても書きたいなぁ…と思っていた。
あまり面白い記事はかけないかもしれないが、
頑張ってみようかと…。

PCに向かい、チャートを眺めるインドアの方々が少しでもアウトドアに興味を持って貰えたら…
などという野望は持っていない。

自己満足の記事になりそうであるがよろしければお付き合いを…


実は、ブログタイトルの「FX夫婦舟」は私の中ではカヌーのイメージである。
赤と白のペンキで塗られた穴子漁のイメージがないわけでもないが…
二人艇のカヌーを想像していただけたらと思っている。

今後もどうぞよろしくお願いいたします。094030.jpg

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ

テーマ : アウトドア    ジャンル : 趣味・実用

いよいよGW!


Category: アウトドア   Tags: ---
一昨日、仕事中の寅吉より連絡が入る。

寅:「GWの予定決まったぞ。」

梅:「え?何?どうするの?」

寅:「残念ながら、伊豆に行くしかないな。」

梅:「残念ながらって…行きたいんでしょ、伊豆に。」

寅:「あれ?わかっちゃった?」

梅:「なになに?キャンプ?」

寅:「そう、残念ながらキャンプだよ。」

梅:「何泊するの?」

寅:「3泊!」

梅:「えええ??っっ!いいねぇ♪」

と、GWの予定がようやく決まった。

久しぶりのキャンプである。
しかも、3泊も出来るキャンプなんて本当に久しぶりだ。
チビ寅が生まれる前は、放浪キャンプに度々でかけていた。

私たち二人は、設備の整った便利で賑やかなキャンプ場は苦手だ。
自然を満喫できる、静かなフリーサイトが好きである。
時にはキャンプ場ではないところも…
今回行くところも、なかなか良さそうなキャンプ場だ。

ネットで寅吉が予約したキャンプ場を調べたとたん、
気分はもう伊豆高原になってしまった。
あまり込み合うと嫌なので、キャンプ場の名前は伏せておこうと思う。


久し振りのキャンプなので、気持ちがはやり、
今までに行ったキャンプの写真をひっぱり出して見てみる。

私の気分に少しお付き合いを♪


* : * : * : * : * : * : * : * : * : *


数年前まで毎年GWか夏には訪れていた福島県の裏磐梯のキャンプ場。
目の前には桧原湖が広がっていて、磐梯山が正面に見える、
ロケーションが素晴らしいキャンプ場だ。

これは数年前のGWの時のもの
HIBARAKO-1

テントの前からの眺め(早朝)
HIBARAKO-2

これはカヌーに乗り、湖から岸を見たところ
HIBARAKO-3

この時はあいにく曇っていたが、それでも素晴らしい景色である。


* : * : * : * : * : * : * : * : * : *


こちらは栃木県の那珂川沿い。
キャンプ場?とは言えないかもしれないが、
無料で解放されており、カヌーをする人が主にテントを張っている。

これは6月、新緑が素晴らしい!
NAKAGAWA-1



* : * : * : * : * : * : * : * : * : *


こちらはキャンプ場ではない。
群馬県の奥利根湖の奥の奥。
カヌーで荷物を積んで漕ぐこと約1時間(だったと思う)。
この年は渇水の年で、ダム湖の水位が下がり、
なんとも神秘的な景色を楽しむ事ができた。

テントの張ってある所は普段は水に浸かっている所らしい。
この朽木は普段は湖底に…
OKUTONEKO-1

テントを張る所まではカヌーで。
カヌーのベテランのお友達ご夫婦。
OKUTONEKO-2


* : * : * : * : * : * : * : * : * : *


チビ寅が生まれた年に、噂のユーロバン
紀伊半島の突端手前までの放浪の旅に出かけた時のもの。
紀伊半島は、期待通り、とっても素晴らしかった!!

場所は不明、小さい川の河川敷のような所。
ここに2泊野宿をした。この時、妊娠7か月!
TYOUSIGAWA-1

途中の川が驚くほど綺麗!
TYOUSIGAWA-3


* : * : * : * : * : * : * : * : * : *


不便な所ほど、自然が素晴らしく、静かで癒される。
1週間キャンプをしている時は、本当にのんびりゆったり出来て最高である。

来週のGWが待ち遠しい。
高速料金が安くなったので、車は混むのだろうか?

チビ寅は今度のGWで4度目のキャンプである。
楽しんでくれるだろうか?
もう少し大きくなったらカヌーにも乗せたい。

いつもはお友達家族やご夫婦とワイワイキャンプが多い。
大勢で楽しく過ごすのもいいが、
自分たちのペースでのんびりゆっくり過ごすキャンプは最高だ。

色々と準備をしながら、出発までの間も楽しめそうだなぁ♪

当日は晴れますように!

ブログランキング・にほんブログ村へ ← m( _ _ )m
テーマ : キャンプ場    ジャンル : 旅行
03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

02

03


 
FC2カウンター
 
プロフィール

お梅

Author:お梅
人生も折り返し地点にきました。
日々の事を書きとめておこうと思います。

「FX夫婦舟」でスタートしたブログです。
「Go!go!go♪」でReスタートしました。

私→お梅
夫→寅吉
息子→チビ寅
が主な登場人物です。

 
今日のお天気
 
カテゴリ
 
 
 
相互リンク
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。